「店舗の構想」。「商品の販売」に「DX戦略」。

広告



「店舗でのスマホ決済」や「テイクアウトの事前注文」。「DX戦略」。

「無人」でも「効率的に商品販売」ができる方法を考える。

現実的に「働いてくれる人はいなくなる時代」。

「人の雇用」は難しくなっている。

「起業セミナー」での勉強で「厳しさを痛感した」ところで。

「無人」でも「効率的に商品販売」ができる方法を考える。

自分の構想としては。

「飲食業や小売業」の店舗営業。

「商品の販売」において。

「受け渡し」や「レジなどでの決済」。

「人間がそこにいる必要」があるのか?という疑問。

「無人で予約制」。

「現金決済をしない方法」。

「店舗でのスマホ決済」や「テイクアウトの事前予約注文」なら。

「省人化」ができるはず。

「経済産業省」が推し進める。

「デジタルトランスフォーメーション、DX」。

「人間がやる必要のない作業」を「デジタルで効率化」の仕組みを活用する。

DXの構想。現段階では「Square、スクエア」が一番の候補。

すでに「アカウントの登録」をしている「スクエア」。

他の似たような「スマホ決済の仕組みの会社」と比較をしても。

「モノやお金の流れ」の「全体像」。

「雇用、経営する側」として考えると。

「本格導入」する「第一候補」の仕組みは「スクエア」。

「店舗でのスマホ決済」や「テイクアウトの事前予約注文」などの「実務」。

「タイムカード」などの「労務」。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」との連携により「決算」まで。

「使い勝手のイメージ」が一致する。

とはいえ「内容が幅広い」ので。

「ネットの説明」だけをみても「断片的」。

「全体を網羅、理解する」のは難しい。

本格的に「導入するにはコンタクト」をとる必要がある。

決済に使える「クレジットカード」や「電子マネー」、「QR」。

「決済手数料が3.25%〜」がかかるとしても「振込サイトが短い」。

「最短営業日翌日」なので。

事業としては「キャッシュが手元にある」のは「助け」になる。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。