果実の追熟剤「熟れごろ」を使って「キウイの追熟」。美味しい「キウイのスムージー」も出来ました。

広告



追熟剤を使った熟したキウイを使って。「スムージー」を作ってみました。

キウイは、そのままでは熟さない果実。

そのままおいておいても熟さない、食べられないキウイ。

「果実の追熟剤」を使えば簡単。

「美味しく食べられる」ようになります。

created by Rinker
葡萄館
¥1,150 (2024/06/20 16:20:41時点 Amazon調べ-詳細)

追熟をかけた「キウイの試食」をしてもらいました。

収穫したキウイの商品化。

追熟させて美味しい、食べられる状態になる確信が。

2年かかって持てるようになった。

基本的にフルーツは、自分では食べないので。

実は、甘いものの美味しさがよくわからない。

他との比較ができない。

だから、よほどのことがない限り。

他の人の口に入れてもらう「試食テスト」。

そこで、意見をもらうと。

フルーツとしてそのまま食べても「美味しい」とのことで安心。

収穫から、追熟をかけて。

商品として成り立つ。

フルーツとして、「販売できるアイテム」が完成です。

そして、もう一つ商品の幅を広げる。

工夫を加えたい。

そこで、「スムージー」。

追熟させたキウイを「スムージー」にしてみました。

実の上下だけでなく。

なんとなく「全体的に柔らかくなった状態」のキウイ。

多少の水を加えて、「フードプロセッサー」でまわす。

少し水分が多かったかな。

贅沢に作るなら。

水と果実の割合。

キウイの分量を増やすと味が濃くなるはず。

味、香りともに、混ざり物がない甘みと酸味。

爽やかな印象。

今回は「フードプロセッサー」でまわしたのだけど。

機械でまわすと「液体」が「泡」に変わって「飲み口は柔らかく」なる。

「ミキサー」を使えばもっと良くなるはず。

そして、タネの「ツブツブ感」が食感に加わったコントラスト。

試作した「キウイのスムージー」、かなりいいです。

created by Rinker
葡萄館
¥1,150 (2024/06/20 16:20:41時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。