ニンジンなどの栽培。草取りの効率化に「 向井工業 中耕除草機 たがやすパワー TP-90」を注文しました。

広告



手押し式の耕運、中耕除草機。「たがやすパワー TP-90」を買いました。

 

買ったのは。

中耕除草機。「たがやすパワー TP-90」。

 

created by Rinker
向井工業
¥22,000 (2021/05/15 17:09:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

畑への直まき。タネをまくのは、向井工業の「ごんべえ」を使っています。

 

使っている便利な。

種まきの道具「ごんべえ」、と同じメーカーさんの商品。

 

 

なお、ニンジンは「すじまき」していたのですが。

今シーズンからは、効率化を狙って「点まき」に変更。

「点まきのカートリッジ」も買いました。

 

created by Rinker
農業屋
¥48,400 (2021/05/15 19:57:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

発芽したあとの作物の管理がかなり大事。手押し式の耕運、中耕除草機を使ってみます。

 

タネをいくら多くまいて発芽しても。

栽培するには。

そのあとの管理が大事、かなり重要。

 

暖かくなる時期に向かって。

畑のタネまき。

直まきの栽培は、草管理が勝負。

 

そこで。

昨年購入。

使ってみた「けずっ太郎」。

 

 

除草、土寄せの作業に「けずっ太郎」が大活躍。大変な除草、草取り作業がかなりの効率化できます!

 

 

除草作業の効率化は、できた。

だけど。

それでも、限られた時間内の作業では間に合わない。

 

手押し式の耕運、中耕除草機。

 

作物を植えている間の通路なら。

幅が広いので。

草刈り機、刈り払い機やハンマーナイフモア。

もしくは、耕運で除草が可能。

 

でも、ニンジンやネギ、ニンニクなど20センチ以下の条間。

ここには、機械は使えない、入れない。

 

手作業で、「けずっ太郎」。

もしくは、しゃがんで手で草をとる、刈るしか。

無理だろうと思っていたところ。

 

手押し式の耕運、中耕除草機があるのを最近、知りました。

ある有機栽培農家さんが使っていて。

草の管理ができている。

実績がある、らしい。

 

植え付けた苗の「ギリギリを攻めての草とり」ができる可能性。

 

ニンジンやネギ、ニンニクの条間。

それ以外に、大きい苗でも。

植え付けた苗の「ギリギリを攻めての草とり」ができる可能性。

作業が効率化するのでは?という期待。

 

農作業の道具は。

実際、自分の畑で使ってみるまで役に立つかは、わからない。

 

買うのを、少し。

ずいぶん迷ったけど。

タネをまく道具「ごんべえ」で実績がある「向井工業」さんの商品なので。

それが後押し。

期待、信用して買いました。

 

created by Rinker
向井工業
¥22,000 (2021/05/15 17:09:28時点 Amazon調べ-詳細)

広告