「単管パイプ」を活用してトラクターに取り付ける「芋掘り機が自作」できるという情報。2021年 04月号、別冊現代農業「 農家が教える 足場パイプ&塩ビパイプで便利道具」。

広告



芋掘り機、掘り取り機が自作できるらしい!

今シーズンどうしても欲しい機械が「掘り取り機」。

根物の野菜。

土の中で成長して、収穫する作物。

ジャガイモやサツマイモの芋類。

落花生、ネギやニンニクなど。

土を掘って収穫する作業は。

かなりの時間がかかる。

その時間がかかる作業を短縮。

全体の仕事を効率化したい。

そこで欲しい機械が。

根物の作物を収穫するための機械。

「掘り取り機」、「ディガー」。

「掘り取り機」芋を掘る機械、もしくはアタッチメントが欲しい。これがあれば、格段と作業時間の短縮ができる。

買うとすれば、中古品の機械。

それでも、10万円単位の高額な機器。

購入したいと、思って探している。

情報を集めていたところ。

この本、「別冊現代農業2021年 04月号」。

「 農家が教える 足場パイプ&塩ビパイプで便利道具」という特集。

別冊現代農業2021年 04月号。

今号のテーマ、特集は。

単管、塩ビのパイプ。

応用だとしても使い方。

小屋を建てたり、潅水のシステムだったりなら。

なんとなく予想はできる。

だから。

期待せず、本屋さんでパラパラみていると。

なんと、欲しかった「芋掘り機が自作」できる記事。

自作して実践している人がいるらしい。

単管パイプで「芋掘り機が自作」できるという情報!

ジャガイモを掘り出すための。

掘り取り機。

「単管パイプ」を使って。

トラクターに取り付けるアタッチメント。

なんとなくトラクターにつける「アタッチメントの部分」は。

作れそうな気はしていたけど。

実際に、単管パイプで自作して。

作業に活用している人がいる。

詳細。

設計図は書いていないけど。

重要なヒントが書かれています。

ゼロからの設計はできないけど。

コレを参考に、芋掘り機。

アタッチメントを作ってみることは、できる。

自分では思いつかなかった作業の短縮。効率化のヒント。

なお、芋掘り機「掘り取り機のアタッチメント」だけではなく。

自分では思いつかなかった、考えてもいなかった「作業の短縮方法」。

塩ビパイプを活用した「ニラの袋詰めの効率化」。

「ニラ」だけではなく「青ネギ」など長い野菜の梱包にも応用が可能。

いいアイディアは、どんどんパクります。

広告