「東芝のオーブン石窯ドーム ER-SD3000-W」で、「ニップンのパイシート」を焼いてみました。

広告



オーブンで「冷凍生地のパイシート」を焼いてみました。

 

 

焼き上がりのビジュアル。

すでに美味しそうです!

 

「東芝のオーブン石窯ドーム ER-SD3000-W」で、「ニップンのパイシート」を焼いてみました。

 

 

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥45,053 (2021/06/12 20:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

一流フレンチシェフが絶賛している、スーパーで簡単に手に入る材料。

「ニップンの冷凍パイシート」。

 

発酵バターが入っていて、100gの4枚入り。

ピケ、穴も開いていて。

値段も手頃です。

 

 

一枚の生地から作ったのは、3種類。

 

とりあえずテストということで。

一枚100gの冷凍パイシートを使って。

3種類の形。

 

生地を冷蔵庫で解凍。

常温でも解凍できますが。

 

今回、冷蔵庫で解凍させた理由は。

外気とは違い、庫内は温度が一定なので。

次回以降も「解凍の時間が予測できる」から。

 

解凍したパイ生地を。

貝印のスクレッパーで、形に切ってから。

 

 

製菓、パンなど。主に粉を使う調理に使う基本の道具。貝印の「スクレッパー」を買いました。

 

 

すこし、めん棒で伸ばす。

 

 

100円ショップの「Seria」セリアで買った「製菓用マット」と、「木製のめん棒」。

 

ミニクロワッサン。

ソーセージパイ。

焼きあがった後に具を乗せる土台としてのパイ生地。

 

 

卵がないので。

表面には、オリーブオイルを塗りました。

 

成型したら、冷蔵庫でしばらく。

30分程度、寝かせます。

 

 

それからオーブンへ。

 

200℃の設定で、15分。オーブンに入れて焼きました。

 

 

数分焼くと。

平らだった生地が、膨らんできている。

 

200℃の設定で。

様子を見ながら焼いてトータル15分くらい。

 

パイ生地なので層になっていて、食感が軽い。いずれも、うまく膨らんで焼けました。

 

焼き上がりが、コレ。

 

 

もしかしたら、もう少し焼いてもいいかもしれない。

表面に卵を塗らなかったので。

焼き色はそんなについていない。

 

手のりのクロワッサン。

シロワッサン。

 

 

ちびっ子ウインナーのパイ。

 

 

つけた枠が取れてしまったけど。

パイ生地の土台。

 

 

いずれも、うまく膨らんで焼けました。

パイ生地なので、層になっていて食感が軽い。

 

焼きたては、「フワッ」としていて。

空気を食べているようです。

バターの香りがぬける。

 

でも、食べるなら。

すこしおいたほうが、「食感」が楽しめる。

「サクっ」という感じではないかな。

 

この冷凍パイシートかなり使えそうです。

 

そして、簡単で楽しいオーブン料理。

レパートリーも増えていきます。

 

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥45,053 (2021/06/12 20:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

広告