梅の木の剪定作業。剪定、枝を切っていると「ジョウビタキ」。鳥が見にくる。

広告



梅の木の剪定作業中に、鳥が見にくる。

 

梅の剪定作業、あと1日で終わりそうです。

 

本当は、12月中に終える予定だった梅の木の剪定。

梅の木の剪定作業は、年明けまで持ち越すことになりました。

 

 

前年よりも、剪定作業に時間がかかっているのは。

木の幹についた「コケ」を落としながら作業をしていること。

 

木の幹についた「コケ」を落とす一番の道具は、「包丁」。

 

 

剪定する木の枝、幹についている「コケ」をブラシで落とす目的。100円ショップで「立つミニブラシ」を買いました。

これではまったく歯が立たず。

 

今度は「不織布研磨材」。

シンクのサビは落ちる、ゲキ落ちの商品。

 

 

100円ショップのダイソーで「汚れ落とし不織布研磨材」を買いました。シンクのサビがすごい落ちる!

 

木の幹をこの研磨材でこすると。

研磨材が負ける。

すぐにボロボロになるので使えなかった。

 

結果、木の幹についた「コケ」を落とす道具としては。

「料理用の包丁」。

菜切り包丁でガリガリすることが、一番作業効率がいいことがわかりました。

 

ただ、作業効率が良くても。

木に対しては、どう影響があるのかは、今後の様子見。

傷が付く感じはないので、包丁でこすっても大丈夫だと思う。

 

剪定作業をしていると、小鳥「ジョウビタキ」が見にくる。

 

鳥の写真は、撮っていないのは残念ですが。

剪定作業をしていると。

毎回、小鳥の「ジョウビタキ」が近くにやってくる。

 

さすがに「肩や手に乗ったり」はしないし。

こっちから近寄ると逃げる。

それでも、2メートル程度まで近寄ってくるのは。

何が目的?

 

カワイイのを売りに。

「癒し」にきてくれているのかな?

 

 

そして、咲く直前の梅の花。

ぷっくりした感じもかわいい。

広告