収穫したユズの有効活用。乾燥させた「ゆずのタネ」も売ってみることにします。

広告



収穫したユズの有効活用。

 

乾燥させた「ゆずのタネ」販売してみます。

 

これから収穫できる予定のゆず。

 

 

「食用としてではない作物の使い道」として。

乾燥させた「ゆずのタネ」を商品化。

販売してみることにします。

 

フワフワな柚子。

 

料理にひとかけらでも入っていると季節感を感じる柚子。

ゆずのメインの使い方、食べ方としては。

表皮をむいて刻んで薬味。

 

ウチの場合は、マイクロプレーンのグレーターで削る。

 

 

 

このグレーターで削ると。

フワフワで。

白いワタの部分が入らず、表皮だけが削れるので。

苦味が出ない。

 

created by Rinker
Microplane (マイクロプレイン)
¥3,850 (2020/11/25 06:13:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

さすがにこのフワフワな柚子の商品化は、無理。

個々の家庭でやるしかない。

 

苦味のある白いワタは、砂糖で煮て食べることができて。

そして、中の果汁は、柚子酢として使える。

そこで残ったタネ。

 

化粧水を手作りする人たち向けの商品。

 

「化粧水の材料用」と表記していいのかは、法律上、微妙なのですが。

乾燥させたゆずのタネは。

「化粧水の材料」として使えるとのこと。

 

とりあえず。

購入する人が「乾燥ゆずのタネ」、を何に使うかは、自由。

化粧水を手作りする人たち向けの商品としておく。

もちろん食用と同様の加工、衛生上の配慮する商品。

柚子自体も自然栽培です。

 

タネの乾燥は、食品乾燥機。

 

 

業務用の機械で、真空パック。

 

 

この商品化は、数年前から考えていたことだけど。

機械が入手できなかったり。

作物自体が不作、採れなかったために保留していた状況が。

整いつつある。

 

created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥26,800 (2020/11/24 16:33:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

広告