秋の味覚の「サツマイモ」。試し掘りをしてみると。いい感じで、できていました。

広告



秋の味覚の「サツマイモ」を試し掘り。

 

採れたサツマイモを試食する。

 

 

試しぼりをして、折れたサツマイモ。

これを試食する。

 

サツマイモは、貯蔵して糖分を高めたりするらしい。

だから、掘りたては、本来の味が出ない。

美味しくないのかもしれないので。

 

販売した後、家庭の調理でどうにかならないか?

この本で、料理のヒントを探してみる。

 

 

created by Rinker
¥3,740 (2021/05/16 01:51:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

中心温度85℃、1時間?

オーブンが必要かもしれない。

 

サツマイモは、初収穫。理想的な出来です。

 

「栽培のリクエスト」があったこと。

そして、「秋の味覚の人気商品」。

レパートリーに加えておきたいこともあって。

サツマイモの栽培。

品種は、購入した苗のベニアズマ。

 

植え付けの初期の段階で。

除草の作業道具「けずっ太郎」で2回ほど除草作業。

しかし、それだけでは管理が不十分でした。

 

途中で結局、サツマイモの畑が草に覆われてしまったのだけど。

芋のツルが旺盛に伸びているので、草に負ける様子はなく。

その状態で静観。

そして、この畑から収穫、試し掘り。

 

掘ってみると、予想以上の理想的。

いい感じのサイズ感。

収穫量も、これだけ採れれば充分の出来。

 

問題は、掘る作業が手掘りだということと。

まずは、収穫後の貯蔵方法か。

 

「干しいも風の加工」をしようかと思ってる。

 

茨城県は、「干しいも、乾燥芋の産地」。

蒸したあとのサツマイモを。

天日で干している風景も見られる。

 

でも、ウチは、この流れを。

より衛生的に。

全部機械でやってみようと思っている。

 

火入れは、低温調理器のアノーバで。

 

 

Anova Precision Cooker Nano Bluetooth 4.2 (750 Watts) [並行輸入品]
Anova

 

そして、天日干しではなくて。

食品乾燥機での機械乾燥。

 

 

created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥23,531 (2021/05/15 17:16:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

そして、まだ、未開封の業務用真空包装機で、真空パック。

業務用自動真空包装機(真空パック器)が届きました。木箱に入って気軽には持ち運べない機械のようです。

 

 

 

業務用のスチームコンベクションオーブン欲しい。

広告