収穫した野菜、作物の数量。Pythonの画像処理をつかって自動で数える仕組みを作れないか?と調べる。OpenCVを使えばいいのかな?

広告



収穫した野菜、作物の数量。Pythonの画像処理をつかって自動で数える仕組みを作れないか?

 

数を数えて記録するアナログな手作業を、パイソンで自動化する。

 

無肥料自然栽培が。

自分が栽培している野菜の育てかた。

 

一般的な野菜。

肥料を与える慣行農法といわれる栽培方法と。

どれだけ収穫量の違いがあるのか?

 

実際に、採れた数量をカウント。

重量ではなくて。

数を数えて記録するアナログな手作業。

 

だんだん面倒になって。

すでにざっくりの数を頭に置いている状態。

記録すら取っていない。

 

ライブラリOpenCVを使えばいいのかな?

 

面倒な作業は、Pythonのプログラミングで自動化。

パイソン、画像認識、処理を使って。

撮った写真、画像から。

自動で野菜の数量を数える仕組みが作れないか?

 

調べていたところ、OpenCV。

この物体検出、画像処理のライブラリを使えば。

撮った画像から。

自動で数をカウントする仕組みができそうな気がしている。

 

ただし平面。

重なっている場合、立体は無理かな。

 

農業+プログラマー。

 

アナログな作業を効率化する。

夏の暑い時間帯や、冬の農閑期には。

パイソンプログラミングの仕事。

プログラマーとしての可能性も視野に入れての学習中。

 

農業プログラマーへの道も模索している。

広告