アノーバナノで真空低温調理。牛肉と、ついでに豆腐も温める。そこで新たな発見!ルバーブのジャムとの相性のよさ。

広告



アノーバナノで真空低温調理。

 

 

牛肉の塊と、ついでに豆腐も温める。

 

オーストラリア産の牛肉。

塊が特売だったので購入。

 

肉が食べたいというよりも。

アノーバナノの真空低温調理の実験材料としての食材購入。

 

66℃で1時間半の調理。

 

低温調理の時間は。

食材、肉の大きさ、厚さによって違う。

だからこれが低温調理の難しいところ。

食材の中心温度、75℃で1分以上の加熱が最低必要な温度条件。

 

この温度が測定できればいいのだけど。

今のところは、目安。

生食できない食材に関しては。

加熱時間は予備で安全のため。

長めにとることにしている。

だから、今回は、66℃で1時間半の調理。

 

冷やして冷蔵庫。食べたのは翌日。

 

フォークで肉をさして、ピケ。

塩と胡椒。

食品調理用のビニール袋に入れて調理開始。

 

食品用ポリ袋 80枚 冷蔵・冷凍から湯せんまで
ワタナベ工業

 

低温調理の湯豆腐。

 

豆腐を温めて食べようとしたら電子レンジ。

レンジの調子がわるい。

 

そこで、牛肉と豆腐の混浴。

途中から豆腐がお邪魔します。

 

 

豆腐と醤油の真空低温調理。

 

 

低温調理器のアノーバは。

豆腐を温める調理に向いているかも。

温度が上がり過ぎずに最適温度。

 

豆腐が硬くならない、スも入らない。

味も薄くならない。

その上、味がしみる。

低温調理の可能性が大!

 

肝心の牛肉が、完成。その状態。

 

 

ロゼ。

色は赤いけど、火は確実に通っている状態。

 

冷蔵庫から出して。

キッチンバサミでカット。

噛みごたえがある1センチ程度の肉。

冷たいのに。

コレでも柔らかい。

 

牛肉と、ルバーブのジャムとの相性のよさ。牛肉と、ルバーブジャムと私。

 

自然栽培のルバーブ。

 

 

製品化を目指しているルバーブジャム。

 

 

試食してもらって、マイナーなところでは、大好評。

リピート、おかわりのリクエスト。

 

ただ、まだルバーブ自体が。

マイナーな食材。

野菜、フルーツ。

 

主材料のルバーブに対して60%の糖分、砂糖を使ったルバーブのジャム。

 

肉に添えてみると。

大正解。

こんな食べ方もできますよ。

 

食品用ポリ袋 80枚 冷蔵・冷凍から湯せんまで
ワタナベ工業
Anova Precision Cooker Nano Bluetooth 4.2 (750 Watts) [並行輸入品]
Anova

 

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。