しいたけの栽培キットを買ってみた。「もりのしいたけ農園」

広告



「もりのしいたけ農園」しいたけ栽培キット。

 

シイタケの栽培キット買いました。

 

 

created by Rinker
森産業株式会社
¥1,500 (2021/04/13 10:34:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

お部屋でシイタケの栽培が楽しめます。

 

鑑賞しながら、お部屋でシイタケ栽培をしたい訳ではなく。

コーヒーのカスを使って、キノコの菌床栽培をやってみます。

キノコの菌床栽培へ向けたテスト。

 

すべてゼロから始めるよりも。

参考、ヒントになる物があれば。

進歩も早まるはず。

 

2週間程度でシイタケが発生するらしい。

 

普通の原木栽培や菌床栽培。

菌を植えてからキノコ発生までは、数ヶ月以上かかる。

 

このシイタケの栽培キットを使うと。

シイタケが2週間程度で発生するらしい。

食べられるのは、傘の裏側にヒダが見えるようになってから。

 

 

推奨の栽培温度。

 

日中は20〜23℃。

夜間は、18℃以下が、推奨栽培温度。

 

問題。

このシイタケ栽培の生育適温に比べると。

ウチの室内温度が低すぎる可能性。

ただし、直射日光は厳禁。

光を当てずに温度を上げる、とは難しい。

 

箱を開けると、すでに小さい芽が。

 

キットを買って箱を開ける。

「購入後はただちに栽培を始めてください。」との注意書き。

家に帰って、さっそく箱を開けると。

栽培ブロックにはすでに、キノコの小さい芽が。

 

説明書によると、こういう場合もあるらしい。

 

この状態。

見た目がオススメできないので。

撮った写真は、載せるのを控えておく。

なお、今回は、このまま栽培を進めてよさそう。

 

発生サイクルは1ヶ月。

 

シイタケの芽が発生するまで2週間。

そして、発生してから食べられる状態になるのは。

それから1週間程度だそうです。

 

収穫、休養、浸水、発芽、収穫のサイクルは1ヶ月。

うまく育てば、1ヶ月に一回収穫できるということ。

 

created by Rinker
森産業株式会社
¥1,500 (2021/04/13 10:34:49時点 Amazon調べ-詳細)

広告