ドライパーシモン。乾燥させた柿の発展系を思いついた!

広告



ドライパーシモン。乾燥させた柿の発展系を思いついた!

 

機械で乾燥させた柿。

 

 

干す前の柿に渋柿が混じっていたようなのですが。渋を抜く方法として、乾燥は効果的らしい。

 

先日参加した、間伐材、廃材でスプーンを作るイベント。

 

自然栽培、農法は知らなくても。栽培した作物が美味しい!と思ってもらえれば成功。

 

もしかしたら渋い感じが残っているのでは?

商品に多少の不安があったので。

試食として、まわりの人たちにこの乾燥させた柿。

ドライパーシモンを食べてもらい。

問題なく美味しいらしいことを確信。

 

参加、出店した、茨城県東茨城郡城里町の「古内茶 庭先カフェ」。

 

本日、2019年11月16日参加、出店した、茨城県東茨城郡城里町の「古内茶 庭先カフェ」。

ここで販売テスト。

 

本当は、ここでも試食販売をすれば。

おそらくもっと売れるのだろうけど。

今年の柿の在庫。

 

そして、ドライパーシモンの商品作りには時間的な限界。

試食してもらって売るには、貴重すぎる。

 

どうやって作ったのか?

製法は全部話した。

皮をむいて、くし切り。タネがあったら取り食品乾燥機にかける。

 

created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥24,357 (2020/10/01 07:16:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

作り方は、隠す必要がなく、真似をされてもいい。

 

来年、うまく実をつければ。

柿は十分ある、採れる。

材料費としてはタダ。

 

だから、地域で無駄になっているもの。

工夫次第では、付加価値をつけた商品に化ける可能性は多大にある。

アイディアと売り方次第。

 

結果、商品が売れた。買ってもらえたのは身近な人たち。

 

初見の人にはほぼ。

柿に限らず、自然栽培の商品は売れない。

 

自家製野菜がふんだんにある田舎。

食に対してこだわりがない客層に対しては。

見た目はそれほど変わらない商品では。

差別化がはかれない。

値段勝負になる。

それでもいい。

 

ウチは、他がない商品を作る。

やっていないことをやる。

 

結果、商品が売れた、買ってもらえたのは。

身近な人たちなのだけど。

価値を認めてもらえた、認めるなら。

身近な経済の循環でもいい。

 

ディズニーのキャラクターのグミが出来る!

 

昨日思いついたのが。

柿のシートの発展系。

 

 

柿でドライフルーツを作ってみたら、フルーツのシート。すごいのが出来た!

 

この時でも驚いたのに。

もっとすごいのができるかも!

 

 

このミッキーとかドナルドの絵、型。

シリコンのシートにミキサーで液状にした柿のジュースを流し込んで。

乾燥機にかけたら。

ディズニーのキャラクターのグミが出来るかも!

 

実際に試作品ができたとして、乾燥野菜の範疇であっても。

乾燥野菜、冷凍野菜の加工販売について。保健所への届け出が受理されました。

これらのキャラクターは、商品としては使えない。

ディズニーに訴えられる。

 

created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥24,357 (2020/10/01 07:16:15時点 Amazon調べ-詳細)

広告