乾燥野菜は、災害時の食料。非常食としても、有効。

広告



乾燥野菜は、災害時の食料としても、有効。

 

乾燥野菜の製品化。

 

収穫した野菜を、乾燥させる。

長期保存を目的とした乾燥野菜の製品化。

少しずつ作物のレパートリーと、その製品化を目的とした数量が増えてきました。

 

ドライの葉ネギ。思いのほか出来がいい。

干しナスのレパートリーは2種類。ナスの品種は、えんぴつナス。

 

乾燥野菜の使い道。

普段は、時短、お手軽料理。

忙しい人でも、食を機械的なものとせずに、楽しめるように。

 

大切だと思っているにも関わらず。

食をおろそかにしている自分自身に向けての商品だともいえる。

 

乾燥野菜、災害時の非常食としても役割。

 

乾燥野菜は、保存食。

災害時の食料としても使える。

その役割があるということは頭にあったのだけど。

これを売り文句にする気はなく。

 

そして、災害が起こる可能性があるということは。

予想していたとしても。

 

千葉県の台風被害が心配です。

 

全国各地で起こる災害。

特に心配、自分のこととして実感するのは、馴染みのある土地。

とてもお世話になった人のいる千葉県で。

台風による大変な被害。

数日間、電気も止まっている、情報発信も困難らしい。

 

邪魔にならない、必要なら。

ほんの少しだけど、うちの乾燥野菜を、無償提供したいし。

 

それ以外に必要なこと、ものがあれば。

できる範囲内でですが、動きます。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。