ボルゲーゼトマト。実がなり始めました。

広告



ボルゲーゼトマトの栽培。実がなり始めました。

 

この品種、ボルゲーゼトマトの栽培は今年が初めて。

 

加熱用トマトのボルゲーゼトマト。

約20日前の状態。

定植して1ヶ月ほど経過したボルゲーゼトマトの様子。

この後、花が咲き。

実がつきました。

 

実がつくまでに約3ヶ月。

 

タネをまいたのが4月の上旬。

ボルゲーゼトマト。11日経って発芽しました。

実がつくまでに約3ヶ月でした。

 

ボルゲーゼトマトは、ミニトマトくらいのサイズ。

直径3センチ程度。

まだ青い。

最初の実なので、本格的な収穫ができるまでにはまだ時間がかかる。

 

ここまで順調に見えるので。

わき芽で増やす作戦。

そして、状況の違う畑に植えてみて。

生育の具合をテストしたい。

 

うまくいけば。

ウチで育てるトマトの品種は2種類。

このボルゲーゼトマトとマイクロトマトをメインに栽培。

 

トマトは、ジャムとして販売するつもり。

 

そして、トマトをそのままで売るよりも。

2種類をブレンドして加工。

手作りジャムとして販売するつもり。

 

昨年テストで作った、現在冷蔵庫に保管してあるマイクロトマトのジャム。

砂糖がマイクロトマトの20%。

ジャムとしては低糖度。

でも十分甘い。

 

 

マイクロトマトだけを使ったジャムだと。

設定する販売価格が高くなり過ぎる。

その分ブレンドなら。

ある程度価格を抑えられる。

広告