ホンダのピアンタ。FV200の点火プラグが、はずせない。

広告



ホンダのピアンタ。FV200のエンジンがかからない。

 

お手上げ状態という記事。

ホンダの耕運機ピアンタ。エンジンかからず。 を書いたところ。

「点火プラグをチェックしましょう。」というアドバイスをいただいた。

 

なるほど。

早速外してチェックしてみよう!

 

 

これが、点火プラグ。

 

ウチにあった工具。

プラグソケットなど。

 

 

このピアンタ、耕運機についている点火プラグ。

合うサイズがありません。

 

調べるとこの機械に適応するプラグは、C4HSB。

 

created by Rinker
日本特殊陶業(NGK)
¥409 (2020/10/01 09:40:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

対応するソケット、レンチのサイズは。

16ミリだということは、わかった。

 

作業スペースが狭いことが問題。

 

点火プラグを外す、次の難関、問題。

作業スペースが狭い。

 

 

燃料のカセットコンロ用のガス缶をおさえる部品。

これがプラグの延長線上にあって。

この部品を取り外すことはできない。

 

部品が取り外せないので、サイズが合う工具を探している。

 

ウチにある工具でテスト。

6センチなら入る、8センチは無理。

 

市販のレンチは、7センチが最短のようす。

 

created by Rinker
エーモン(amon)
¥422 (2020/10/01 09:40:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

7センチの工具は、ウチにはないのでテストができない。

このレンチが適応するのか?

数百円程度のモノだけど、失敗はしたくない。

 

ちなみに、メーカーでは。

この点火プラグの点検は、個人ではなく。

お店での点検を推奨している。

 

これくらいの作業なら自分でできる。

工具があれば。

広告