烏骨鶏の鶏小屋制作。3日目。屋根の取り付けは完了。

広告



烏骨鶏の鶏小屋制作の3日目。

 

トタンの屋根をとりつけて。

 

 

なんとなく鶏小屋。

それっぽくなってきました。

 

 

廃材を使った自作、烏骨鶏の鶏小屋制作。

 

1日目。

 

 

2日目。

 

 

サンコン。

 

 

今回のトラブル。

 

屋根に使う材料。

もらった数枚のトタン。

 

 

以前とりつけてあった釘穴。

開いている穴の位置がそれぞれ違う。

 

たまたま測った2枚だけ同じ。

その穴の位置に木の平板を置いて、固定しようと思っていた。

 

解決しなくてはいけないテーマ。

  1. トタンにどうやって穴を開ければいいのか?
  2. そして既存の穴から雨水が入るのを防ぐ、ふさぐ方法。

 

1の、トタンに穴を開ける方法は簡単でした。

いらない強い釘を打てば簡単に穴が開く。

 

 

2の、雨水の侵入に関しては、とりあえず。

 

 

あまった専用の釘をのっけておく。

挿しておく。

釘の頭に、傘がついているから少しはマシでしょう。

 

それと、たまたま設計上、トタンの下に板が入るスペース。

屋根の断熱と雨水の対策は、これでなんとかなるはず。

おまけに動物の侵入も防ぐ効果。

 

適当に作ってこの偶然。

 

今回の作業でわかったこと。相手によってカナヅチの大きさを変える、サイズを合わせること。

 

釘のサイズ、打つもの、相手によって。

カナヅチの大きさを変える、サイズを合わせること。

大きければいいというわけではない。

 

今日、本当は、屋根だけではなく。

周りにつけるネットを合わせてみたのですが。

暗くなったので最終的な写真は撮れませんでした。

 

次の作業は、ネットの本格的な設置と。

小屋全体の強度を高める補強、筋交い。

 

基本的に4面。

全面が網なので。

暑さ、寒さと、横からの雨の対策。

 

烏骨鶏の小屋を自作する1日目。

烏骨鶏の小屋作りの2日目。

広告