くくり罠に初の獲物!タヌキがかかる。

広告



狩猟をはじめて、初の獲物。

 

獲れたのは、タヌキでした。

 

2日前に、くくり罠に異変。

 

 

 

干し芋に使うサツマイモ。

ダメになったサツマイモをもらったので。

エサでおびき寄せる作戦を決行する。

 

罠の付近に散らしておいたサツマイモ。

見回ると、食べた後。

 

今の寒い季節は。

自然界に動物の食べ物は、少ないはず。

畑にも狙われる作物、食べ物はなく。

動物のお腹の減り具合、食欲が。

警戒心を上回っている時期なのかもしれない。

 

なんか、茶色いものがいる!

 

罠を見回りと。

くくり罠を仕掛けた場所の雰囲気がおかしい。

遠目で見て、明らかに罠を仕掛けた場所の様子が変わっている。

イノシシか!

 

危ないので恐る恐る近づく。

こちらの気配を察して動いた動物は。

タヌキ。

 

 

完全に罠にかかってる。

 

これは、錯誤捕獲。

 

狙っている獲物はイノシシ。

狩猟用語でいうこれは錯誤捕獲。

釣りでいうと外道。

 

狩猟鳥獣ではあっても。

食肉としては適さない。

かわいそうだから逃がしてあげよう。

 

狩猟をやっている人に電話をかけると。

 

「棒、ない?」

「えっ!」

「畑を荒らす動物。ダメだよ、逃がしちゃ」

 

 

見た目はかわいいし。

逃げたり、襲ってくる様子もなく。

無抵抗。

 

感覚的にはこの動物を処分する必要があるのか?

心の迷い。

でも、これは命を奪う狩猟。

 

そういうことで。

処分することを決心する。

これくらいのことは、自分でやるしかない。

狩猟、罠をかけた責任は自分でとる。

名目は有害駆除。

 

畑を荒らす動物だから仕方ない。

そう思って、棒を振り下ろす。

生きている動物に対して、初めての経験。

 

食べるためでもなく、動物を殺す目的で殴る体験。

 

無抵抗の相手、動物に対して本気で叩けない。

襲ってくる相手なら、こちらに危険があればそれなりの力が出せる。

数回殴って、ぐったりした、息があるタヌキ。

それを見て茫然と、固まる自分。

 

害獣だからと、自分の中で言い聞かせる、思い込む。

 

お清め、日本酒を飲む特別感。

 

日本酒を買いに行く。

  • 意図とは違っても初めての獲物、お祝い。
  • 命を奪った、お清め。
  • 罪悪感、感触、光景を忘れる精神的安定。

 

そういう意味でも、日本酒は。

なんとなく特別なお酒。

ビールでとか、ワイン、焼酎でという気分にはなれない。

 

複雑な感情ではあっても。

狩猟、罠の実績として1匹目。

これが狩猟、そして農業。

広告