Crenova VS200S真空パックシーラー。製品レビュー。

広告



クレノーバの真空パックシーラー。

 

待望の真空パックシーラー。

はじめて使いました。

 

まずは、パッケージを開封。

 

 

開けた中身は。

本体と取扱説明書、キャニスターに使うホース。

 

取扱説明書の日本語が変。

 

 

カバーを押し下げて、真空シーラーを固定し、次は吸引とシールの番だ。

 

わかるようなわからないような日本語。

読んでいても頭が混乱するので。

実機を操作をしてみる。

 

使ってみれば操作は簡単。

 

注意点。

 

  • 専用のパック、シールする内側に水分がつかないようにすること。
  • 最低40秒は間隔をあけてシール、真空操作をすること。

 

操作した感じでは。

 

真空状態にするのに数秒間。

だから、音はそれほど気にならない。

 

あくまで、業務用ではなく簡易的な家庭用の安い機械。

完全な真空状態ではない。

 

 

一般家庭では、コストコなどで大量買いをして小分け。

パック詰をすると見た目もいい。

場所もとらない、省スペース。

 

なお、気になった点は。

 

  • 電源コード1メートル程度で短い。
  • 保存袋をセットして機械をロックするには思ったよりも力が必要(一回やれば簡単)。

 

完全に空気を抜くのは無理だとしても。

空気を取り出す方向を考える、慣れれば。

もっとスムーズ、綺麗に真空状態に近づくはず。

 

袋のサイズや。

入れるものの向きによっても差がでる。

 

 

ついでに料理の下ごしらえ。

 

肉を味噌に漬け込んでみる。

 

 

空気を抜いた後では。

袋を揉んでも混ざらない。

 

袋に入れる前に、材料を先になじませておく必要があるようです。

 

この機械、いまのところ合格点。

 

これは、現行機種。

 

 

追記。

野菜をパッキングしてみました。

広告



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。