茨城県城里町上古内『島家住宅』で行われたイベントに行ってきた。

広告



茨城県城里町上古内の建物。

 

350年ほど前に建てられた民家。

屋根は茅葺き。

しばらく使われていなかった住居。

 

 

城里町が、町おこしの一環として再活用しようという試みらしい。

 

ギャラリーや物販などイベントが行われていたので。

 

 

そして、古い建造物に興味があるので行ってみた。

 

井戸。

 

 

現在のところ、ここでのイベントは数ヶ月に数回あるかどうか。

日常的には使われていない。

この家、生きていない感じ。

こういう平屋が珍しい人にとっては。

癒しの場所、空間として面白いかな。

 

ただ、近所で田舎暮らしの自分にとっては。

今借りて住んでいる家と畑、環境で充分。

もう新鮮さは感じない。

 

トイレが外。

 

この時代の民家。

トイレ、厠は外。

煮炊きはカマド。

お風呂はどうなっていたか見ていないけど、確実にマキで焚くはず。

ないかもしれない。

改修して水道は通したのかな?

昔の生活。

わりと美化されたりもするけど。

不便でしょうがない。

 

感情的にはこういう古い建造物。

物件を再生させて保存する。

そうしたいとは思うけど。

ここを維持するだけの価値があるのかどうか。

採算はとれない。

不特定多数の人を呼ぶイベントをやるには不向きだし。

 

不便な生活を体験したい人や。

もしかしたら外国人にはウケるのかな?

 

島家,城里町, 茨城県

広告