洗濯機の洗濯槽を「過炭酸ナトリウム」で洗浄したら大変なことになりました。

広告



洗濯機の洗浄、掃除やってますか?

衣類などの洗濯に使っているのは「arau.(アラウ) サラヤ 洗濯用せっけん」。

数年間「柔軟剤なしで洗濯」をしていた。

「洗濯用せっけんだけ」では。

「洗い上がりがゴワゴワする」のは感じていたので。

最近柔軟剤を使い始めました。

arau. アラウ 衣類のなめらか仕上げ」。

created by Rinker
arau.(アラウ)
¥495 (2024/07/18 01:38:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
arau.(アラウ)
¥1,100 (2024/07/18 02:52:38時点 Amazon調べ-詳細)

すすぎのタイミングで入れる柔軟剤。

回っている洗濯機の前に立っていると。

使いっぱなしで汚れている洗濯機が気になり出した。

そして「洗濯物の汚れを落とす肝心の仕組み、部分」。

「洗濯槽の洗浄、掃除をしていない」。

「ワカメ、昆布のような汚れ」が大量に浮き出てきました。

洗濯槽の洗浄方法。

酸素系漂白剤「過炭酸ナトリウム」の説明によると。

洗濯機が洗濯できる最大容量の水。

40℃程度のぬるま湯をためて。

「500g」の「過炭酸ナトリウム」を投入。

3分程度洗濯機を回して。

約3分放置。

汚れを取り除いて「すすぎ」。

とりあえずやってみると大変なことに。

浮き出てきた汚れ。

いわゆる「ワカメ、昆布」のような「黒い物体」が。

フワフワ大量に浮き出ている。

「洗濯機の中の水」も真っ黒。

ひどい状態なので、写真は載せられない。

こんな状態の機械の中で洗濯をしていた「今までの洗濯物」は。

はたして「キレイになっていたのか?」。

そもそも洗濯とは?

疑問はふくらむ。

そして間接的に「これらの汚れを口にもしていた」恐ろしさ。

表面上はわからないので。

洗濯機の中はキレイな状態だと錯覚していて。

ほとんどの人は洗濯機の「洗濯槽の洗浄はしていない」はず。

「現実を知るため」や。

「怖いもの見たさ」の意味でも。

「洗濯槽の洗浄」はやってみる価値があります。

その後、水がキレイになるまで。

数回洗濯槽を回して。

できるだけ汚れを除去、取り除きました。

100均ダイソーで洗濯機の掃除アイテムを購入。

この商品。

本来は「お風呂用のアミ」。

次回の「洗濯槽の洗浄」のために準備、用意したアイテム。

「パッチンお風呂ネット」。

やはり洗濯槽を洗浄した後は。

まだ汚れが浮いてくるので。

「浮き出た汚れ、物体」を「すくう作業」に使う。

玉を「パッチン」とはじくと。

付着した汚れが落ちるので便利。

そして「スポンジと棒の逆はスクレーパー」の道具で。

汚れの取りにくい、細かい作業。

「洗濯機周りの汚れスッキリ棒」は「3本入り」です。

これで洗濯物が今まで以上。

本質的にきれいに洗い上がるはずです。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。