買い置きしていた「エスプレッソメーカー」。「デロンギ(DeLonghi)の 全自動コーヒーメーカーECAM22112W」。

広告



家の中に「エスプレッソコーヒーのすてきな香り」が漂う。

買い置きしていた「エスプレッソメーカー」を初使用しました。

もともと家で使う目的というよりは。

予定している「店舗経営」。

お店で使うために買った機械。

【エントリーモデル】デロンギ(DeLonghi) 全自動コーヒーメーカー マグニフィカS ミルク泡立て:手動 ホワイト ECAM22112W」。

「置き場所、設置場所にも迷っていた」ことで。

「ちょうどいい高さ」の台がなくて。

製品が届いてから。

数ヶ月放置していた。

家の中を少し片付けて。

「土間に設置」。

そろそろ「使う豆の方向性を決める」ため。

数種類のコーヒー豆との相性。

味見、試飲。

そして機械の操作を覚える。

使い慣れるためにも。

エスプレッソマシンを稼働させました。

まず最初にやること。「水道水の硬度」を測る。

1枚付属の硬度チェッカー。

ウチの水道は「レベル1」。

「軟水」でした。

製品は「レベル1がデフォルト」なので。

設定を変える必要はない。

抽出されるエスプレッソは、一杯「30ml」。

次にやる作業は「タンクに水を入れたり」。

「エア抜き」。

準備を終えて。

さっそく「エスプレッソを抽出」。

created by Rinker
LAVAZZA(ラバッツァ)
¥4,676 (2024/05/22 11:07:39時点 Amazon調べ-詳細)

使った豆は。

本命「ラバッツァの粉バージョン」。

created by Rinker
LAVAZZA(ラバッツァ)
¥1,100 (2024/05/22 11:07:39時点 Amazon調べ-詳細)

1分もかからない早さで出来上がり。

抽出されるエスプレッソは、一杯「30ml」。

見た目は「かなり少なく感じる」。

「クレマ」も出て。

味は「エスプレッソ」。

酸味は強い。

本当は「豆の濃さのレベル設定」を「粉」に「合わせなければいけない」のに。

ここで抽出。

「豆の調整」をまちがえた。

そして「粉でいれる場合」は。

「一杯づつ」しか「コーヒーを入れられない」。

一杯入れるたびに「粉の豆」を投入する必要がある。

イリーの豆。「カフェインレス、デカフェ」もテスト。

2杯目は。

豆を挽いて「カフェインレス」。

イリー ブレンド 豆 デカフェ」でテスト。

created by Rinker
illy(イリー)
¥1,452 (2024/05/22 11:07:40時点 Amazon調べ-詳細)

2杯分を抽出すると。

「見た目」の通り「味も薄め」で。

もの足りない感じ。

エスプレッソができる時間は1杯も2杯も変わらない。

イリー ブレンド 豆 デカフェ」の場合は。

「つまみ」は真ん中よりも。

「MAXに近くする」ほうがいいらしい。

「使い終わったコーヒーの粉」は。

カス受けに「自動で落ちる」ので。

捨てて洗うだけ。

手間もいらない。

家の中に。

「エスプレッソ、コーヒーのすてきな香り」が漂うのは。

雰囲気が変わっていい感じ。

次は「ミルクをスチーム」で温めて。

「カプチーノ」などを作る練習をします。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。