シンセイのマルチローラー(マルチハリハリ君)。

広告



「ビニールマルチをはる作業」の省力、効率化。

「ビニールマルチ」を使うことにしました。

破れると汚いので。

本当は「ビニールの資材」は畑で使いたくはなかった。

でも、「ビニールマルチ」を使うことにしました。

「丁寧に扱えば」。

「数年間は持ちそう、使い回せそう」。

そして、できればビニールマルチの間の通路には。

「防草シート」を敷きたい。

created by Rinker
アイアグリ
¥7,980 (2024/07/17 15:42:56時点 Amazon調べ-詳細)

有機農業の教えの「畑を裸にしない」。

土をむき出しにせず「畑を完全に覆う」ことが最終目標。

ビニールマルチを使うメリット。

「他の地域よりも不利な寒さ」。

自然の状態では「栽培時期」や「作業」が遅れる。

資材を使って「地温を上げること」によって。

作物には「生育の促成」と「耐寒性の補助」ができる。

そして栽培する側としては「除草作業の手間を省く」。

「仕事の省力化ができる」ことができるのが「大きなメリット」。

シンセイのマルチローラー(マルチハリハリ君)を導入します。

「マルチをはる機械」。

「マルチャー」があれば楽なのだけど。

この機械も当たり前のように高額。

人力でなるべく作業の負担を減らす農業の道具。

「マルチローラー」。

「構造はシンプル」。

「工夫次第では、自作ができる」ような感じの道具。

「作ってテスト」をしているよりも。

すぐに使いたかったので「シンセイ マルチローラー(マルチハリハリ君)」を購入。

「90から150センチ」の長さのマルチに対応。

created by Rinker
シンセイ(Shinsei)
¥4,280 (2024/07/17 09:52:56時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。