2022年シーズンの「梅」は「全滅」。「収穫ができません」でした。

広告



一つの木に「一個も実がついていない」ほど「不作」。

自分の管理している「梅の畑」だけではなく。

ニュースによると。

「水戸の偕楽園」でも。

予定の「2割程度の収穫量」。

不作だったとのこと。

ウチからは「比較的近く」。

「歴史が古い」ので「梅の剪定方法」。

参考にしていた。

「気候、天候のせい」だとしたら「お手上げ」です。

ひと月ほど前の状態は「順調」。

2022年シーズン。

梅を無事に「収穫、販売」ができると予想。

予定をしていた梅。

「採りきれなかったら」。

そして「販売先をどうしよう」と「余裕、贅沢な期待」。

「時期が近い」ので収穫の準備。

「草刈り」と「木の状況」を見に「梅の畑」へ。

到着して「梅の木をみると」。

暑かったせいだけでなく、「変な汗」が出た。

まさかの現実。

「実がついていない」。

「一つの木に実がひとつ」。

ついているか、いないかのレベル。

梅は、1年ごとに採れたり採れない「表裏がある作物ではない」。

「隔年の作物ではない」はず。

数年前にもダメだった年はあるけど。

「2022年シーズン」は、それ以下。

大きくなる前の「実が落ちている」のも確認。

でも、ほとんどは「実にもならなかった」らしい。

「変動する気候」で「花が落ちた」という話も。

収穫は「年に一度」収穫する作物。

「天気、気候」が「不作の原因」だとすると。

「収穫を目的」とした「作物の栽培」。

「できること、対策」がない。

「凶作、豊作」が全く読めない。

おまけに「需要も頭打ち」だという「梅」は。

「栽培、管理するべきではない」のかもしれない。

「柚子の花」が「咲いている」のが「唯一の救い」。

今後「改善」。

「できることがある」とすれば。

従来の栽培での。

「基本的な剪定方法」ではなく。

「植物自体のホルモン」を活かした剪定、栽培方法。

「樹形は整わない」かもしれないけど。

新しい、強い枝を伸ばすことによって。

樹を若返らせる。

created by Rinker
¥935 (2022/07/04 08:11:53時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。