東芝の「石窯ドームER-SD3000-W」でサツマイモの調理。「ふかしいも」を作りました。

広告



石窯ドームの「スチームレンジ機能」で「ふかしいも」。

「栗」のような「香り」と「甘み」。

「上品」に仕上がりました。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥38,750 (2024/05/17 17:00:42時点 Amazon調べ-詳細)

オーブンを使った「サツマイモの料理」。「焼き芋」よりも「ふかしいも」のほうが好み。

はじめて「オーブンのスチーム機能」を使って作った石窯ドームの調理「ふかしいも」。

数日前に作った石窯ドームオーブンの「デフォルトモード」。

「やきいも」よりも。

今回試作した「ふかしいも」のほうが「美味しい」。

「おすすめ」です。

そして、「味」だけでなく「調理時間」。

「やきいもモード」での焼き芋調理には「45分」。

対して「ふかしいも」の調理時間は、「17分」。

「半分以下の時間」で出来上がります。

「ふかしいも」の調理。スチームレンジの加熱時間は17分。

「収穫」したあと。

「倉庫内で保管」していたサツマイモ。

だいぶ寒さで傷んでいる。

「サツマイモ」を洗いながら。

使えない「傷んだ部分」を切り落とす。

取り除いてから。

「破裂」しないように。

包丁で、皮に数カ所「穴」を開けて。

材料の「下準備完了」。

初めて使うオーブンの「スチームレンジ機能」。

「東芝石窯オーブン」の「スチーム」は、初めて使う。

「スチームの機能」を「最初」に使う場合は。

「水を入れる容器」と「カートリッジ」を洗って。

洗浄モードで清掃。

「10分の自動洗浄」が必要です。

「調理を始める前」に「表示パネルを確認」するのが「安心」です。

下処理、準備をしておいた「サツマイモ」をオーブンに入れる。

今回の「スチームレンジ機能」の場合は。

「アルミホイル」や、「オーブンに付属の角皿」など。

「電子レンジ」なので「金属の使用はできません」。

モードによって「オーブンの液晶、表示部分」にアラートが出るので。

一応、「加熱ボタンを押す前」に。

「調理を始める前」に「表示パネルを確認」するのが「安心」。

安全に調理ができます。

「スチーム調理のサツマイモ」は「素材全体」が「無駄なく」「美味しく食べられる」。

この「石窯オーブン」を使って。

手動モード、自動モード。

「サツマイモの調理」を数回試した結果。

今回の「ふかしいも」が最高。

「焼きいも」は「焼きムラ」。

サツマイモの「細い部分」は火が入りすぎて「焦げる」ので。

「甘みと苦味のバランス」としては。

どうしても「苦味がでる」。

「皮が邪魔になる」のが「気になっていた」ところでした。

スチームで調理した「ふかしいも」なら「焦げない」。

「苦味がでない」だけでなく。

皮も中身も「素材全部が美味しく食べられる」。

栽培した作物の「サツマイモ」。

食材が無駄なく食べられる上に。

「栗」のような「香り」と「甘み」。

「食感」。

なお「サツマイモ」は。

「チーズ」などの「乳製品」と。

味の「相性がいい」。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥38,750 (2024/05/17 17:00:42時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。