カルディーの「ケバブソース」と「鳥のムネ肉」を使った「ケバブチキン」。

広告



「カルディー」の「ケバブの素」。

箸が止まらない美味しさ。

前回作った「ケバブチキン」。

使った鳥は、「モモ肉」。

第2回は「ムネ肉」でテスト。

「炭を使った屋外調理」を狙っての試作。

「カルディー」の「ケバブチキンの素」が美味しい。

「みんな、万人に受ける」のは確実。

今回は「新しいアイテム」。

調理器具を使う。

ウェーバーの「調理用の温度計」。

「肉の中心温度を測定」しながら。

肉の「美味しい状態」と「食品衛生」。

中心加熱温度「75℃で1分以上」。

「火の入り方」を「オーブン」で、「温度計」を使いながらのテスト。

「炭を使った屋外調理」。

「美味しい」のはもちろん「安全」な食。

「感覚」だけではなく。

「実際の温度を確認」する。

安定した熱源の「電気のオーブン」でうまく火が通せなければ。

「炭を熱源に使ったコンロ」。

屋外の調理は、できるはずがない。

中まではソースが浸透していない。

2日間「ケバブソース」に漬けた「鶏むね肉」。

今回は、いつもより高い温度「200℃」で予熱したオーブン。

調理、焼く前に「ひまわり油」でコーティング。

「冷蔵庫から室温に戻す」時間が遅かった。

「短かった」のは反省点。

「24分」加熱のあと、数分オーブンの中で「予熱調理」。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥29,800 (2024/07/17 07:40:11時点 Amazon調べ-詳細)

完全に、火は通っている。

2日間かけても「ケバブソース」。

味は、生肉の中心まで浸透しない。

でも、味のコントラスト。

肉の表面の濃い味。

味が、足りなければ。

焼いたときに出た汁を絡め、つけながら。

今日も、「ケバブチキン」箸が止まらず。

ペロリと食べ終えた。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。