2万円程度で作れる「ハウス内の温度をスマホで監視できるシステム」。農研機構のホームページで紹介されています。

広告



制作マニュアルは、約100ページ。ダウンロードしました。

プログラミング言語は、Python。ラズベリーパイを使う。

農研機構のホームページで紹介されている

「ハウス内の温度監視システム制作マニュアル」。

100ページを「チラッ」とみてみました。

「安価にシステムを組める」といっても。

「ハードを組んだり」、「ソフトを設定」したり。

素人が作るのは、そんなに「簡単ではない」かもしれません。

【マニュアル掲載URL】 
https://www.naro.go.jp/publicity_report/publication/pamphlet/tech-pamph/142629.html

「温度、湿度、照度、土壌水分とCO2」のセンサーがつけられるのかな?

ハウス内に設置したセンサー。

アプリの「LINE」と連携。

状況を「スマホ」で確認できるらしい。

スマホには、iPhoneなら「Wio Link」アプリをダウンロードする必要がある。

使う部品として。

「温度、湿度、照度、土壌水分とCO2」のセンサーが紹介されているので。

システムを組めば。

「温度、湿度、照度、土壌水分とCO2」の測定ができるはず。

学習中のPython。

プログラミングの学習が役に立つ。

コードが少しだけわかるので、こわくない。

なお、意味、中身がわからなくても「Pythonのコード」は。

マニュアルの通り、「そのまま写せばいい」ですね。

ハウスの自作管理システム。全体的に簡単ではないけど、やればできそうです。

ハードを組んだり、ソフトを設定したり。

全体的に難しそうだけど。

ハウスの管理システムの自作。

できないことは、なさそうです。

【マニュアル掲載URL】 
https://www.naro.go.jp/publicity_report/publication/pamphlet/tech-pamph/142629.html

広告