かなり重いかも。「充電式の剪定ばさみ」に「マキタのバッテリー」を装着してみました。

広告



「Elikliv 充電式剪定ばさみ」と「マキタ純正のバッテリー」が届きました。

「樹木の剪定作業」が、「筋トレを兼ねる」ことになる。

届いた充電式の剪定ばさみ。

日本語の説明書付き。

製品本体を持ってみると、ずっしり重い。

普通の剪定ばさみとは、まったく違う重さの感覚。

本体の重量は、650g。

普通「ハサミ」などの作業道具には。

「絵」や「模様」は描いていない。

無機質な「道具」だけど。

ポップな、というか「南米風」?。

おそらく、樹木のイメージ。

「不思議な模様」のついた本体。

こういう感じは、お気に入り、好きです。

そして、マキタの「リチウムイオンバッテリー」。

「6アンペア」なので大きいサイズ。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥16,323 (2024/05/22 10:38:14時点 Amazon調べ-詳細)

このバッテリーの重さは、700g。

充電式のハサミにバッテリーを装着して。

持ってみると、普通に持てるけど重い!。

はさみとバッテリーの重量を合わせると。

650g+700g=1350g。

総重量は、「1キロ以上」。

重いだけではなく。

刃の部分、先端よりもバッテリー。

下のほうが重いので。

バランスが悪い。

ただ、持つだけでなく。

これを片手で持って作業をするので。

バランスをとりながら剪定作業をすることになりそう。

電動のハサミなので。

切る力、握力は、必要なくなるはず。

でも、「腕力、手首の力」は。

今までの剪定ハサミよりも、よけいに必要、使うかもしれない。

とはいえ、「手動」。

「剪定ばさみで作業」をするよりも。

絶対に「楽ができる」。

「マキタのバッテリー」。

種類を持っていれば。

「最適な重量、バランスの組み合わせ」。

選べば、より快適に作業ができるはず。

片手で持つ作業なので、「軽いほうがいい」と思う。

実践、使用テストは。

今週できるかな。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。