「ニラ」が採れはじめました。万能調味料「ニラ醤油」ができます。

広告



刻んで醤油に漬けるだけの簡単調理。

ガーリックチャイブ。

「ニラ」が収穫サイズになりました。

とりあえず、試食してから。

使い道、販売戦略を練る。

食べてみると、この「ニラ」は生だと。

少しかみごたえ、歯応えが強いかもしれない。

スープなど茹でると柔らかくなるけど。

生で使う場合は、少し細かくしたほうが食べやすい。

簡単なでオススメ。万能調味料の「ニラ醤油」。

「刻んで醤油をかけるだけ」の万能調味料「ニラ醤油」。

味が馴染むので。

作ってから2日くらいおいたほうオススメ。

でも、「味が馴染む前」に使い切ってしまうはず。

美味しくて何にでもかけたくなる。

しかも、作るのが簡単な「ニラ醤油」。

参考に、ニラ醤油の使い道。

豆腐にのせて。

茹でたお蕎麦に、ニラ醤油をからめて。

ごま油、カツオ節と海苔。

そのほか、ご飯にのせてもいいし。

肉にもあう。

そのまま使える刻んだ「ニラ」。

「刻んだネギ」はあるけど。

「刻みニラ」は。

スーパーでも売っていない。

売っているものを、そのまま食べられる、使える商品。

調理、料理の手間がかからない商品は。

忙しい消費者、買う側としては。

使いやすい。

でも一方。

一般的に目にしない、認知されていない商品。

「刻んだニラ」は売るのが難しいし。

生産者が作物を、刻む。

「カットした作物」となると。

「手間」と、「食品衛生」の問題が発生する。

ペーストとかもやりたい。

普通は、普通で売れないけど。

現段階、とりあえずは。

ニラを普通に、そのまま袋に入れて店頭に出す。

「工夫は後回し」が、時間的に最善。

生産者が情報を発信する意味。

材料に、実質的に手は加えなくても。

店頭の商品を売る工夫。

その一つがこのブログ。

店頭の商品からブログにアクセスする仕組みを作る。

栽培した人が誰、何者なのか?

そして、野菜、商品の使い道。

食べ方がわかれば、より買いやすくなるはず。

生産者が直接情報を発信する意味。

ブログを書く狙いは、ここにもある。

ぜひ、「ニラの醤油漬け」作ってみてください。

広告