カモミールの花が咲きました。ちぎった香りはとても、いい香り。

広告



カモミールの品種は、ローマンだったか、ジャーマンだったか?

カモミールの香りは、確かに、「りんごのような香り」がしました。

今シーズンからテストしている栽培作物が。

エディブルフラワー。

その中のひとつのアイテムが、「カモミール」。

ドライにして、ティーにしたりするらしい。

カモミールは、よくアップルの香りと形容されて。

確かに似ている。

花の一つの大きさは1センチ程度の小さい花。

乾燥させると。

もっと縮んで小さくなるので。

ティーにするには、かなりの花の量。

「栽培する株数」をもっと増やさなければ、足りないかもしれない。

株も少し弱々しいのかな。

花も小さいけど。

もともとの「たね」。

それ自体が、かなり細かく軽くて小さい。

例えるなら「粉」、「砂」や「ホコリ」くらい。

その「タネ」が花を咲かせるまで。

食べるものに成長。

変化するというのは。

改めて、考えてみれば不思議。

リンゴの香りがする、アップルミントとカモミールを合わせれば。

ハーブのアップルミントも栽培中。

ミントの中でも。

このアップルミントは、水に入れただけで。

ミント水。

リンゴの香りがするカモミールと。

その名の通りのアップルミント。

合わせて使うと。

相乗効果が起こるのか?

広告