「ラディッシュ」が収穫サイズに育ちました。ここまで約1ヶ月。

広告



ラディッシュの葉っぱを残す人がいるけど、丸ごと。全部を食べるのがオススメ。食べて欲しいです。

タネをまいてから約1ヶ月で収穫サイズに育ったラディッシュ。

20日で育つといわれる「二十日大根」。

4月の初旬にタネをまいて30日程度。

スーパーなどで、一般的に売られているラディッシュよりもまだ小さいけど。

個人的には、手乗りのこのサイズ感。

この大きさが、販売したいサイズ。

見た目として。

ちょうど食卓。

お皿に乗っていると、かわいい大きさ。

塩をかけて、丸ごと食べるのがお手軽で美味しい食べ方です。

彩り野菜のラディッシュ。

食卓でサラダの「飾り」に見られがち。

味よりも、見た目として使うお店も多い。

葉っぱをつけて、収穫した丸ごとの姿を提供しても。

葉っぱを食べないで、残す人が多いのは残念。

小さいながらも、部位によって味の変化があって。

実は、野菜としてしっかり美味しい。

丸ごと全部を、食べて欲しい。

それも、シンプルに。

野菜、サラダを見れば、なんでもドレッシングとか、マヨネーズではなく。

まずは、ジンプルに「塩」を試してみて欲しい。

何もつけないよりも。

「塩」を振ると、味が強調されて、美味しさが倍増する。

「かわいい」のがセールスポイント、売りは見た目。

ラディッシュは。

味よりも、見た目の彩り野菜。

やはり普通の人には飾りで。

そんなに爆発的に売れる作物ではない。

かわいい見た目を生かすために。

どうパッケージングしようか?と思案中。

「完成形」を考えているうちに。

「売り時を逃す」可能性があるので。

今シーズンは。

育った作物は。

とりあえず販売、売りに出すスタンス。

攻めにシフトします。

広告