今年で2回目。ウドの根株をいただきました。栽培方法は、昨年と変えてみることにします。

広告



今年も、「ウドの根株」をいただきました。

 

弱った作物に「負担を与えない作戦」に変更します。

 

今回もらった「ウドの根株」。

ウドの栽培。

今年は、なるべく「負担を与えない作戦」に変更。

 

根っこを成長させることによって。

株を強くすることにすることを狙ってみます。

 

「ウドの根株」の入手が、昨年よりも遅い。

 

昨年の同時期。

今頃の1週間前には、すでに植え付けを終えていた「ウドの根株」。

 

根株を植え終えました。畑に穴を掘って上から落ち葉をかける。

 

 

 

なぜか根株が届く時期が、昨年よりも遅い。

理由は、担当の人がいなかったので聞けなかったのだけど。

 

 

昨年のものよりも。

大きくて、丈夫そうな「根株」です。

 

5月の初旬に数本の収穫ができましたが。失敗している気がするので。

 

軟化栽培。

白いウドを栽培、収穫しようと思って。

 

昨年は、60センチ程度地面に穴を掘り。

根株を置いて。

 

 

土を少しかけて。

その上から落ち葉をのせた。

 

 

4月の後半に顔を出して。

 

 

5月の初旬に数本の収穫ができた。

 

でも、なんとなく。

この栽培方法は、失敗だと感じた。

 

根っこの切れた株は、まずは普通に育てたほうがいいのではないか?

 

昨年出てきたウドは、曲がっていて。

予想よりも細くて、本数も少なかった。

 

だから、植え付けた初年度は。

根っこを成長させることによって、株を強くすることにする。

なるべく「負担を与えない作戦」に変更。

 

まず、根っこが切れた作物。

おそらく弱っている植物に対して。

軟化栽培、光を与えないということが間違いなのではないか。

光合成ができない。

 

そして、株の上にかけた落ち葉。

この中には、葉っぱだけではなくて。

小枝も含まれる。

 

数枚の落ち葉なら軽いけど。

「数十センチの厚さの落ち葉」は。

それだけでかなりの重量があるし。

雨によって水分も含まれることにより重さが増大する。

 

伸びるのに力がいるし。

まっすぐ伸びられない。

 

地面を掘って埋めずに光を当てない。

上に伸びる、成長する力の負担もかけずに

スムーズに伸びるようにする方法は考えた。

でも、今回の根株は、軟化栽培しない方針。

 

昨年、栽培したものと自然のもの。ウドを食べてみました。

 

軟化栽培をしたもの。

 

 

これは、自然に生えていたもの。

だから、光があたって、緑色。

でも、細い。

 

 

食べ比べると。

太いほうが美味しい。

広告