「経理以外の人のための日本一やさしくて使える会計の本」。Kindle Unlimited版で読み終えました。

広告



「経理以外の人のための日本一やさしくて使える会計の本」を読みました。

会社の会計。財務諸表について学ぶ。

Kindle Unlimitedで読み終えました。

以前読んだ「マンガでわかる財務3表超入門」。

財務諸表について、少しは頭に入れておく必要がある。

まず最初に読んだ本。

「マンガでわかる財務3表超入門」。

「マンガでわかる財務3表超入門」読み終わりました。入門編の本としては、サラッと読めてわかりやすい。

created by Rinker
毎日新聞出版
¥1,650 (2024/07/24 20:07:32時点 Amazon調べ-詳細)

わかりやすい本だとはいえ。

財務諸表、会計に関しては。

一冊の本を読んだだけでは。

完全に理解ができておらず。

本の字面を読んだだけ。

だから、理解を深めるため。

同じ本、もしくは別の本を読み直す必要。

会計の役割は、感覚的でなく。定量的、客観的に結果を把握するため。

感情や感覚的な話では。

なかなか物事が進まない現実、現状。

人を納得させる、動かすには、数字の裏づけが必要。

会計の役割は、感覚的でなく。

定量的、客観的に結果を把握するため。

経理の仕事ではなくても。

会社の会計について、なんとなくでも知っていれば。

仕事が円滑に回る可能性。

会社の共通言語。

読んでおいたほうがいい。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。