あまった手作りピザの生地をパンを作ってみよう!「オーブン」を使わずに「鉄のフライパン」で焼いてみた。

広告



手作りピザの生地。鉄のフライパンで、パンを作ってみました。

 

生地を作り過ぎたので、毎日1枚のピザを食べるノルマ。それでも生地があまるので。

 

試作しているピザ。

生地を作る作業、手間を省くため。

そして作りやすさのテスト。

 

判断材料としていつもの倍量。

多めに作ってみた結果。

 

生地があまる。

 

 

何かしらの味を変えて。

毎日1枚、食べる日々。

 

 

あまったピザの生地を丸めて、パンを作ってみた。

 

ピザを1枚食べるだけでの、生地をのばす作業。

生地をのばす作業は、そんなに手間はかからない。

 

でも、生地をのばす作業に使う道具。

 

めん棒と。

 

 

製菓用マット。

 

 

100円ショップの「Seria」セリアで。「製菓用マット」と、「木製のめん棒」を買いました。

 

何枚か生地をのばす。

ピザを作るために使うならいいのだけど。

ピザを一枚作るためだけに使う。

毎回、洗って、拭く。

コレだけでも、片付ける手間が、かなり面倒、非効率。

 

作った生地も1週間ほど経過。

そろそろ使い切らなくてはいけない。

 

「オーブン」を使わずに「鉄のフライパン」で、パンを焼いてみた。

 

作った生地はオーバーナイトどころかオーバーウィーク。

賞味期限が、すでにオーバーかもしれない。

そこで、生地を丸めてパン。

 

目の前にある食べ物なら。

もともと同じ素材だとしても。

焼いたピザ生地よりも、パンのほうが口にしやすい。

気軽に食べやすい。

 

だから、あまったピザの生地で。

パンを焼いてみることにした。

 

「オーブン」を使わずに「鉄のフライパン」で焼いてみた。

 

失敗しそうなことは、頭ではなんとなくわかっているのだけど。

「オーブン」ではなく。

「鉄のフライパンでパンを焼いてみたくなった」のでテスト。

実践。

 

 

生地には、厚みがあるので弱火。

焼いてみると。

 

 

やはり、丸めた状態だと火が通らない。

かなり時間がかかりなので。

 

焼いている途中で、丸い生地を潰して平らに。

そして、焼くよりも蒸す作戦に変更。

 

フタをしたフライパンに。

水を数回入れて蒸し焼き。

 

 

 

フライパンで焼きあがったコレは、パンとは違う。

でも、焼けた香ばしさ。

工夫をすれば、使い道としてはあるはず。

 

粒マスタード入りの手作りマヨネーズを合わせてみた。

 

 

味や、食感など。

パンを焼くならオーブンを使うほうが。

確実にパンとして完成度は高い。

美味しく焼きあがるはず。

 

同じ材料を使って。

調理方法により。

転用できれば、というテスト。

 

このテスト結果は、イメージの範囲内。

「次につながる可能性がある」という結論。

広告