「おこげ」ができて、美味しいチャーハンできました。IHでも、対応した鉄のフライパンを使うと作れます。

広告



「おこげ」もできて、美味しいチャーハン。

 

こんなチャーハンできました。IHでも、対応の鉄のフライパンを使うと作れます。

 

完成したチャーハン。

 

失敗して「お米を焦がした」のではなくて、お米を焼く。

「おこげ」も一つの調味料。

香ばしさと食感、の隠し味。

 

 

今回は、キムチは、一緒に炒めずにトッピング。

あと乗せスタイルのキムチチャーハン。

 

 

 

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥1,160 (2021/06/13 15:33:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

IHでも、IH対応の「鉄のフライパン」を使うと作れます。

 

以前使っていたのは。

「くっつかない加工」がされたIH専用のフライパン。

 

その加工が劣化。

はがれていたので購入したのが。

IH対応「パール金属 鉄フライパン 24cm IH対応 鉄職人 日本製 HB-1520」。

 

フッ素加工など、いわゆるテフロン加工のフライパン。

高級な調理器具なら、大丈夫なのかもしれないけど。

使っていくうちに劣化するのが大半。

 

個人的に使いたいのは。

使っていくうちに劣化する道具ではなくて。

馴染んでいくようなモノ。

 

鉄のフライパンは、使い勝手、手入れも。想像以上に簡単。

 

昔は、「洗ってはいけない」といわれていた鉄のフライパン。

でも、いろいろなことがアップデート。

実は、使ったあとの鉄のフライパンは洗っていいらしい。

 

その情報を知ったので、試しにまず買ったのが。

このIH対応の「鉄フライパン」。

持った感じで、耐久性がありそう。

 

 

今では、食器と同じように石けんを使って。

手洗いをしている。

そして布巾で水分を拭きとる。

 

そのあと加熱、水分を飛ばすのは。

ひと手間はある。

 

フライパンなので、中華鍋のようにはふれないけど。料理男子向きの商品。

 

予想以上に、好感触なIH対応の鉄フライパン。

くっつき防止の加工をされた製品と比べても。

焼く、炒めるに関して。

油を多量に使うわけでもなく同量程度の使い勝手。

ヘルシーさも保てる上に。

メイラード反応の「美味しさ」がプラスされる。

 

ただし、底面がなだらかな山のような形状。

底の中心が高くて、外側に向かって低くなるフライパンは。

実は、チャーハン作りには不向き。

 

形状的にフライパンは。

あおれない、ふれない、難しい。

でも、そこに美味しさと面白さが加わる。

料理男子向きの商品。

 

基本的にフライパンは肉や魚を焼く料理。

チャーハンのように「混ぜる作業をしない」調理をオススメします。

 

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥1,160 (2021/06/13 15:33:36時点 Amazon調べ-詳細)

広告