収穫時期はすでに遅い。「落花生」の収穫を開始しました。さや、実が、以前よりも大きくなったものも採れた。

広告



2020年シーズンの「落花生」の収穫を開始しました。

 

他品種の落花生「おおまさり」と同等、負けないサイズが採れた!

 

 

採れた株の中でも数本、数粒だけ。

かなり貴重、希少な大きさの落花生が採れました。

 

霜がすでに数回降りているので。収穫時期は、遅すぎる。

 

農業、農作業は。

適時適期に行うのが効率的で栽培成功の秘訣。

 

栽培だけでなく、収穫においても実感。

 

落花生の全収穫。

霜がすでに数回降りているので。

本当は、もっと早く収穫をすべき。

終わらせなければいけないことはわかっているけど。

現状の生活スタイル、時間軸の中では、仕方ない。

 

落花生は、上部の葉が枯れ始めると収穫適期。

 

葉が緑で生きている状態ではないと。

土から抜いたときに「さや」がついてこない。

枯れた葉では、つながっている部分がちぎれて。

肝心の、「さや」。

実が土の中に残ってしまう。

 

今シーズンの落花生。

結果的に、適期を過ぎてからの収穫のために非効率。

余計な作業時間、仕事が増えた。

 

普通は、株を持って引っ張るだけで収穫が終わるのに。

土の中を探る、掘る作業。

倍どころではない時間の無駄。

 

とはいえ寒さで、収穫物の実が傷むわけではないので。

この面では安心。

 

自家採種で初めてみる大きさの「さや」が登場。

 

無肥料の自然栽培。

自家採種で3年目の落花生。

自分でタネを採り続けて、収穫できた「3回目」のこの品種。

 

なるべく大きな「さや」をタネとして選別。

春に植えたタネ。

 

その中で、今回。

数年間、採種、栽培を繰り返して。

他の品種が混ざることはない環境で。

 

初めてみる大きさの「さや」が登場。

 

おそらく、他品種の「おおまさり」と同等。

負けないサイズ。

 

このタネ。

「大きなタネ」だけは、保存の失敗ができない。

 

収穫物の保存場所が、家の中。

 

これが、生活圏。

いわゆる玄関。

家の中にある、という暮らし。

リアルな家の中の写真。

 

 

過去の経験上。

落花生のタネを保存させる最適な場所が。

家の中、土間。

雨をよけて、獣害、鳥害を避けるとしたらココ。

 

落花生の保存。干す場所は、家の中(玄関)がいちばんでした。

 

家の土間しかない。

 

昨年のこの時期は。

天気が悪く、雨が多い時期が続いたため。

昨年は、カビさせずに乾燥させるのは、難しかった。

空気中の湿気が多いのに。

サヤを洗ったのも失敗の原因。

 

今シーズンは、この時期。

雨が少ないので、タネの保存環境、条件としては。

難易度は下がる気はする。

 

田舎の暮らしで広い、大きい家。

落花生の最適な保存場所が、土間だとはいっても。

収穫物の保存場所。

 

まだ収穫始めたばかり。

さすがにこれを。

このまま家の中に積んでおくわけにはいかない。

 

単純に収穫を終わらせるだけでも。

あと20時間程度、必要かな。

広告