e-Statを使って市場調査。政府統計のポータルサイトで、調べものをする。

広告



e-Statを使って市場調査。

 

政府統計のポータルサイトe-Statで、調べものをする。

 

 

このサイト、https://www.e-stat.go.jp にアクセスすれば。

 

 

誰でも簡単に使える様々な「国の統計情報」が手に入る。

 

プログラミング、パイソンにも使えます。

e-Stat、政府統計のポータルサイトのエクセルのデータをCSV形式へ変換。ジュピターラボで読み込みことができた!

 

5年に1度の国勢調査の結果が反映された統計も含まれている。

国勢調査2020。ネット経由で回答をする予定。茨城県城里町の国勢調査。回答期限は、10月11日(日)です。

その後、全国的に回答期限も数日延長されて。

2020年の国勢調査の回答は、パソコンで済ませた。

 

町の人口分布を調べてみた。

 

別の目的で調べていたこと。

政府統計のポータルサイトe-Statにヒット。

 

本当は別の、詳細なデータが欲しいのだけど。

それを入手するのは、困難。

なお、Tellusを活用、使えばできるかもしれない。

 

e-Statにヒットしたついで。

これも参考、必要なデータなので。

町の人口分布を見てみる。

町の総人口は、減少傾向。

そして、自分の住んでいる地区は、その中でも国で指定された過疎地域。

 

国勢調査は、5年に1度の統計なので。

これは約5年前。

町全体の、2015年の統計結果。

 

 

人口に関するグラフだけど。

詳細は、内緒。

誰でも、https://www.e-stat.go.jp にアクセス。

調べれば、出てくるオープンな情報。

 

販売予測の具体的な数字。

予測をするための市場調査中。

 

「事業計画書は1枚にまとめなさい」。イメージしていることは「野菜とパン屋さん」。

 

 

created by Rinker
¥1,584 (2020/10/22 10:18:37時点 Amazon調べ-詳細)

広告