オクラを冷凍させたらどうなるか?食べてみた結果。冷凍オクラも完全にアリです。

広告



オクラを冷凍させたらどうなるか?

冷凍させる前に、まずは、下ゆで。

冷凍させた後の、「色や食感の劣化」を防ぐ目的。

お湯に塩を入れての下処理、ブランチング。

オクラを冷凍させて食べてみました。

下ゆでした後、冷まして冷凍庫。

テスト簡易的なので、食品用ビニール袋で保存。

食品用ポリ袋 80枚 冷蔵・冷凍から湯せんまで
ワタナベ工業

これで、状態がよければ。

「冷凍野菜」の販売レパートリーに、オクラが仲間入り。

冷凍オクラは、完全にアリです。

翌日。

冷凍したオクラを食べてみました。

結果、冷凍オクラも完全にアリ。

冷凍庫から出したばかりだと霜がついているのは。

この簡易的な冷凍方法のせいなのか?

でも、おそらく市販の冷凍野菜でも同じ状態なはず。

冷凍方法は、残念ながら。

今のところは、家庭用の冷凍庫。

まだ、専用の冷凍庫が買えない、買わないのは。

これらの「自家栽培の野菜やフルーツ」が冷凍食品として。

商品となりうるのか?

まずは、簡易的な方法だとしても。

商品としての確信を固めるためのテストを重ねている。

補助金申請が通れば。

これを買おうかと思っていたけど。

これでもすでに容量オーバーかも。

なお、今のところ。

家庭用の冷凍設備でテストした野菜やフルーツでも。

冷凍、そして。

その後の状態としては悪くない。

解凍した野菜を食べても。

「冷凍食品」と、わかる人は、まずいない。

というか、もともとの野菜の味のレベルが違う。

専用の販売、加工の施設、設備を作りたい。

本当は、急速冷凍機が欲しいし。

ウチの冷蔵庫、冷凍庫は、普通の人のものよりも大きい。

テストするのはいいけど。

とはいえ、家庭の冷蔵庫。

すでに収穫した野菜でいっぱい。

冷凍庫を買うことばかり考えていたけど。

夏、この季節。

こんなに気温が上がる、暑いのでは。

農家としては、収穫した作物を「保管する冷蔵設備」も。

必要なのかもしれない。

いまさら気づいた。

テストとしては、いいけど。

公私の分離、食品衛生上の問題。

ウチに商品、収穫した作物を持ち込むというのはやめて。

どこかに専用の販売、加工の施設、設備を設けたい。

実は、探している。

広告