IH対応の鉄のフライパンを買いました。「パール金属 鉄フライパン 24cm IH対応 鉄職人 日本製 HB-1520」

広告



IH対応の鉄のフライパンを買いました。

 

家にあったフライパン。材料が、くっつくようになったので、買うことにしました。

 

くっつき防止の加工がされていたフライパン。

その効果がなくなって。

何をやっても、くっつくフライパンに。

ずっとガマンをして使っていたのだけど、やっと。

 

買ったフライパンのサイズは、24cm。

サイズを迷って、少し小さいかなと思ったけど。

結果的には、ちょうどいい感じです。

 

「パール金属 鉄フライパン 24cm IH対応 鉄職人 日本製 HB-1520」

 

 

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥1,656 (2020/11/23 23:04:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

すでに違うサイズも欲しくなった。

 

鉄のフライパンは、台所にあるだけでも、カッコいい。

 

以前使っていた鉄のフライパンは。

ガス火専用。

 

引っ越してきたこの家のキッチンは。

ガスではなくIH。

 

せっかくそろえた調理器具。

もったいないけど。

鍋やフライパンがいくつか使えないままになっている。

 

でも、使ってみるとIHの熱源にもいい面があって。

 

まずは、火が出ないので安全。

そして、久しぶりにガスコンロを使って。

やはりと感じたのは。

火に比べて、熱が発生しないこと。

周囲の空気温度が上がりにくい、暑くない。

 

だからIHの調理機は。

この暑い時期の料理や。

高齢者のいる家庭にもオススメ。

 

塗装を落とす作業、調理前の処理。

 

最初は、面倒だけど。

届いたこの鉄のフライパンは。

料理に使う前処理として。

まずは、塗装を落とさなければいけない。

火で焼き切る。

もしくは金属のタワシなどでこすり落とす。

 

IHの熱源では、焼くのは難しいとのことで。

カセットコンロの直火を使うことにした。

 

 

  1. まずは、洗剤で洗って、ふく。
  2. 中火で加熱。
  3. 全体が青っぽくなるまで焼く。
  4. 多めの油で野菜クズなどを炒めて油をなじませる。

 

とりあえず一品。

 

 

牛肉と、キュウリのオイスターソース炒め。

 

使った後のフライパンの手入れ。

 

鉄のフライパンは。

洗剤で洗うな!という常識。

今は違うらしい。

ウチは、石けんを使ってガシガシ洗うことにする。

 

ウチには、「タワシ」や「ささら」がない。

「ささら」は買うと高いけど。

ウチの裏には、竹林。

「ささら」の自作を思いつく。

 

なお、鉄のフライパンは。

鉄分もとれるらしいし。

この値段で一生モノ。

家庭で使う、普通の人には、ちょっと重いかな。

 

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥1,656 (2020/11/23 23:04:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

もっと小さいのも欲しくなった。

広告