やっぱり市販のキットを買うのはやめた。オートサイフォンを自作してアクアポニックスやってみる。

広告



オートサイフォンを自作してアクアポニックスやってみるつもり。

 

簡易的な、アクアポニックスのキットを使おうと思っていたけど。

 

農業と、水産業のコラボのテスト。

アクアポニックス。

 

 

数年前に作った魚の捕獲器。

川に、仕掛けてきました。

 

川にいる、泳いているのがみえるのは。

小さくて、動きが早い魚。

何の種類かはわかりません。

 

自然にいる魚だから、捕獲できたとしても。

水槽のような小さい容器での飼育は。

水温など、本来の生育の条件で、飼育は難しいかもしれない。

 

本当は、魚よりも、ドジョウを捕まえたい。

 

 

個人的に食べたいのと。

水産資源として有用だから。

 

市販のキットを買うのはやめた。

 

アクアポニックスをやってみたい。試してみたい、欲しくてしょうがない。

 

そういうわけで。

簡易的に、アクアポニックスのキットを買おうと思って。

一人で盛り上がっていたのですが。

 

よくよく調べてみると。

そのキットは、「都会の室内向け」かな。

 

屋内でLEDを使った植物の栽培は。

もしかしたら自然光の入らない屋内。

使われていない建屋で、アクアポニックスが可能なのでは?と。

 

だからLED。

人工的な光での植物の栽培テストはしてみたいとは思う。

 

もっと安価にアクアポニックスの装置が自作できそう。

 

ウチの場合は、田舎、場所のメリットで。

栽培槽、飼育槽ももう少し大きいテスト。

おまけに飼育の材料。

径が合うかは、要確認だけど。

使わない塩ビ管が何故かウチにある。

 

もっと安価にアクアポニックスの装置が自作できそう。

 

水中ポンプもこの値段。

他のテスト。

ウドの施設栽培で、ポンプを使うつもりだったので。

 

 

栽培用土のハイドロボールは、自分では作れないけど。

ウチの割れてしまった屋根の「かわら」や。

ここは、焼き物の笠間焼の産地。

 

土を焼いて成型、素焼きの状態なら。

焼き物の破片も。

 

アクアポニックスの植物の栽培用地、用土として。

もしかしたら使えるのかもしれない。

 

created by Rinker
GreenWalk
¥975 (2021/06/14 03:24:13時点 Amazon調べ-詳細)

広告