ブヨ、防虫のため。作業をしていなくても畑にいるときには、手袋をすることにした。食品衛生上の観点からもこのほうがいいのかも。

広告



ブヨ、防虫のため。作業をしていなくても畑にいるときには、手袋をすることにした。

 

 

もしかしたら、防虫の目的だけではなく。

食品衛生上の観点からも。

手袋をして食材。

作物を収穫したほうがいいのかもしれない。

 

畑では、暑くても長袖、長ズボン。

 

畑作業の服装の基本。

暑くても長袖、長ズボン。

肌の露出はだめ。

 

現在の服装は。

頭にタオルを巻いて(髪が邪魔なのでおさえるため)。

タオルの上から防虫ネット。

 

畑作業中にブヨ、蚊などから顔を守るためのアイテム。「防虫高機能ネット」を買いました。天然由来の虫よけ加工がしてあるらしい。

 

 

上着は、コメリで買った空調服。

この首の部分にネットの裾を入れる。

 

速乾、ストレッチ素材のワークマンの長ズボンに。

 

 

コメリの長靴。

 

 

農作業用の作業服、作業靴は、コメリとワークマンで決まり!機能性抜群です。

 

この服装で、肌が露出している部分は。

手、指のみ。

この露出部分をブヨに狙われる。

 

手袋をしての作業は、指先の感覚が失われるので。

素手で作業をしていた。

 

手袋をして作業を収穫したほうがいいのかもしれない。

 

防虫の目的だけではなく。

食品衛生上の観点からも。

手袋をして作業を収穫したほうがいいのかもしれない。

 

ジャガイモを掘りながら思っていたのだけど。

素手の作業なら指先が、イモに当たる感覚がわかる。

でも、土の中で滑って爪がイモにカスってしまうこともあって。

作物に傷が入ると、たぶん菌が入る。

腐ってしまう可能性。

 

最近の手袋は、指先の感覚的にも。

そして、通気性や濡れても作業性が悪くなりにくい気がする。

 

 

作業にどう影響があるのか?

試しに使ってみることにする。

 

これでまずは、防虫対策はバッチリなはず。

広告