植えたブドウの苗木、大部分は無事活着したようです。おまけにツボミが出ている木もあります。

広告



植えたブドウの苗木、大部分は無事活着したようです。

 

植えたブドウの品種は。

甲州とシャルドネ。

見た目は、甲州に比べるとシャルドネは弱々しい。

 

仮植えしていた状態で、すでに萌芽している苗木もあり。

 

 

でも、霜の被害を避けるため。

畑に植えたのは、4週間ほど前。

 

ブドウの苗木を植える。まずはキャンプ場「フォレストピア 七里の森」。

ブドウの植え付け終わりました!篠竹の根っこを掘り出す作業は、かなりキツかった。

 

 

芽も伸びているので、無事活着しているようす。

 

この土地で、うまくブドウが育つのか?のテスト。

現段階では、合格点。

イノシシも来ていない。

 

植えたうち数本は未だ芽も出ていないものがあるとしても。

それ以外のほとんどは。

本格的に畑に植え付けたあと、芽を伸ばし始めている。

無事活着した。

 

そして、活着しただけでなく。

ツボミが出ている木もあります。

 

 

 

若い苗木は、木の成長を弱らせないように。

あまり実をつけない方がいいらしい。

 

でも、樹勢の強そうな甲州ブドウだし、せっかくだから。

今年の秋に少しでも、果実が実った姿が見られれば。

見せられれば、上出来。

 

まだ、ワインにするまではいかなくても。

果物のブドウとして。

まさか、「好きな山梨県の甲州ブドウ」を茨城県で。

そして、自分が現実的に、栽培することになるとは。

 

とはいっても、全部、自分がやりたいことリスト。

そのリストの中のやりたいことをやるために。

行動を起こし続けた結果。

でも、まだその途中。

広告