キウイフルーツ。「熟れごろ 果実 追熟剤」を使って美味しく熟しました。

広告



「かたいキウイフルーツ」。家庭で簡単においしくなります。

収穫したキウイフルーツはそのままでは熟さない。

市販のキウイフルーツは食べられる状態にしてある。

一方、栽培、収穫したキウイフルーツは。

時間を置いても「そのままでは食べられない」。

これを美味しく食べる方法は、追熟。

届いたキウイフルーツの追熟剤を使ってみました。

created by Rinker
葡萄館
¥1,190 (2022/12/10 06:41:38時点 Amazon調べ-詳細)

追熟剤を入れて試食。「7日間」では「まだ硬かった」ので。

「16日目」に再度試食。

どうやら食べごろは。

上下の芯の白い部分だけでなく。

果肉部分も触って判断。

もちろん温度条件にもよる。

今回は、2週間と数日。

そこまで強く触る、握るのではなく。

食べ頃を気にして触っていれば、変化。

全体がなんとなく「柔らかい感触になった」のがわかる。

完熟、食べ頃は。

袋に入れてで追熟させたキウイフルーツの「全部が柔らかくなったころ」らしい。

香りも少し出てきたような。

追熟させるためにキウイを入れたビニール袋は。

空気やガスの透過を気にした高価な製品は必要なくて。

一般的、ジップロックのようなビニール袋で、充分機能します。

キウイフルーツの未完熟と完熟の写真を見比べる。そして、実食。

これはまだ未完熟。

こっちは、完熟して美味しい。

写真を見比べると。

ひいき目だけど、やはり下の完熟している方が美味しそう。

そして、実食した感想。

熟したキウイフルーツは、実際に美味しかった。

酸味もそこまで感じず。

今まで食べたキウイフルーツとは違う、何か別の果実の香りもする。

希少な国産。無肥料、自然栽培のキウイフルーツ。

これで「キウイフルーツの追熟は成功」。

希少な、国産。

無肥料、自然栽培のキウイフルーツ。

販売してもいいレベルの商品。

とはいえ。

商用のフルーツの食べ頃を「手の感触で都度判断」するのでは。

「効率が悪い」し、「痛む恐れ」と、「衛生的にも問題」がある。

簡易的にでも、非破壊の計測器。

機械があればいいのだけど。

これは次のテーマとして置いておく。

とりあえず、キウイフルーツの追熟は成功。

ビニール袋に「キウイフルーツ」とハリなどで「穴を開けた追熟剤」を入れる。

追熟剤は数日で取り出して。

その後、「キウイが柔らかくなるまで待つ」だけ。

「においもしない」し「手間もかからない」。

「かたいキウイフルーツ」が「追熟」。

家庭で簡単においしくなります。

created by Rinker
葡萄館
¥1,190 (2022/12/10 06:41:38時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。