「サクッと食べられるお食事お菓子」を作ってみようと思う。もちろん自然栽培、ウチの野菜をメインの原料にする。

広告



サクッと食べられる「お食事お菓子」を試作してみる。

自然栽培、ウチの野菜をメインの原料に使う。

 

まだ、採算。

実際にいい商品、ものができるのか?

それは自分のやりたいことなのかは?

はっきりしていない段階。

でも、以前から頭にあった「お食事お菓子」。

メインはウチの野菜と厳選した近所の食材。

セイボリータルトとかブリニ。

 

セイボリータルトとブリニを作って売れないかな。

 

菓子といっても、必ずしも甘くないもの。

セイボリータルトとかブリニ。

 

食事用の甘くないセイボリータルトには、野菜のせて。

 

小さいパンケーキ状のブリニには。

生地と具材にも野菜をトッピング。

生地には、野菜だけでなく。

そば粉のブリニというものもあるし。

そば粉の代わりに、生地に酸味、ライ麦を入れても面白いかな。

 

発酵させるパン。

本格的なパンを作るのは、自分にはハードルが高いので。

発酵の技術や設備、時間を極力使わない生地。

 

バイク、自転車ツーリングのお客さんが多い。

 

近所の直売所に行くと。

バイクツーリング、自転車のお客さんがわりと多いと感じる。

食べているのは、お蕎麦と。

おソフトクリーム。

 

滞在、宿泊客はいないとしても。

ツーリング、目的地に行くまでの休憩するスポット。

田舎だけど、ここには人が来ないわけではない。

通過人口は多いのかも。

 

ツーリングの通過点である場所で。

例えば、ウチの商品野菜を買うか?というと疑問。

かさばる、荷物になるし。

お土産として野菜は、自分ならおそらく買わない。

クルマでなら別だけど。

 

ウチの野菜をどう売るか?のヒントは加工。

 

お土産として買うなら。

見た目や、もっと珍しいもの。

 

ウチの野菜をどう売るか?

そのヒントは加工。

 

保健所で乾燥野菜、冷凍野菜の加工販売の届け出が受理された!

としても、乾燥・冷凍野菜は見た目が地味で、面白さにかける。

持って帰るにはコンパクトで、かさばらないけど。

 

それよりも。

休憩、通過地点でのおやつ。

がっつり食べるのではなくて。

エネルギー補給と、観光の美味しいものとしての刷り込み。

 

それが、ウチの材料をメインとして使う「セイボリータルトとかブリニ」。

まずは健康志向、環境配慮型。

ウチの自然栽培の野菜や地元の厳選食材がメイン。

 

ビーガン、ベジタリアンには、もちろん対応できるし。

状況が許せば、地元のイノシシの肉も使う。

 

構想、イメージはしているけど。

まずは、試作。

オーブンがないのでブリニ。

 

 

今回は、テストということで。

市販の薄力粉と、ベーキングパウダーは購入品を使用。

薄力粉は、栽培実績ありなので、自家調達ができるはず。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。