乾燥野菜、冷凍野菜の加工販売について。保健所への届け出が受理されました。

広告



乾燥野菜、冷凍野菜の加工販売。保健所への届け出が受理されました。

 

農作物を乾燥、ドライ、干し野菜への加工と冷凍品としての販売。

 

野菜を乾物にして売る。

野菜を干すことでの販売は、「保健所での許可がいらない」ことは、以前確認していた。

今回、保健所に行ったメインの理由は、野菜を冷凍して販売できないか?

 

結果、これらの加工については、許可ではなく、届け出という対応。

届け出が受理されました。

 

そういうわけで、採った作物を。

干し野菜、冷凍野菜への加工および販売業。

 

保健所への届け出が受理されたということで、一応安心。

業として本格的に始めることができます。

 

 

ドライ、冷凍。いずれも、加工前の下処理について。

 

単純に冷凍するだけでは、味が落ちる作物もある。

乾燥させる前に、下処理をすれば、衛生的な場合も。

加工前のこれらの下処理について、どう判断されるのか?

 

おそらく、すべてがダメだと思っていた保健所の判断は。

品質保持のためであればOK。

調味目的での下処理はNG。

ビックリ、自分にとっての最適解!でした。

 

届け出は、いらないと思っていたこの野菜の加工。

 

干し野菜は可能。

冷凍は不可能だと思っていた。

 

誰でも簡単に受理されることではない。

保健所とのやりとり、すり合わせ。

業としての届け出を。

ということでの柔軟な大人の対応。

 

商品の売れ残りの解決策。

 

販売した商品が、売れ残るのは仕方ない。

とはいえ、このままでいいはずがない。

その対策、商品の無駄、売れ残りに対する解決策だけではなく。

商売への手がかり。

大きな武器、手段を、手に入れた。

 

そして、宿題、お土産がこちら。

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。