バラは挿し木で増えるということなので試してみる。挿し木をしてみた。

広告



バラは挿し木で増やせる。

 

ある意味放任栽培、庭のバラ。

下草を刈る程度の手入れ。

 

 

庭に咲いているバラ。バラは食用になるのかな?という疑問。

そして、バラの花びらを食べてみた結果。ぜんぜんおいしくないんだけど。

 

食用として、またそのほか、活用方法としては。

テスト、改善することがこれからたくさんある。

 

この品種のバラ。

現実としては、環境に適応。

無理なく育っている。

栽培すれば、うまく育つ可能性が高い。

 

バラを増やす方法。挿し木。

 

今まで知らなかったけど。

バラは挿し木で増やせるということ。

挿し木する適期は、5月、6月。

 

 

ネット上では簡単に見つかるバラの挿し木の方法。

動画もあるのでわかりやすい。

 

ウチのバラを見ると。

葉や茎の状態は、動画の説明通りに揃ってはいないので。

なんとなくで茎をカット。

 

 

そして、鹿沼土に挿しました。

 

アクアポニックス。

 

最近気になる、やってみたいことがアクアポニックス 。

育苗、挿し木をしながら、水生生物をそれと同時に育てる。

これができれば一石二鳥。

 

ドジョウの養殖できないかな?

水路にドジョウ!

ドジョウの養殖をテーマとして以前から頭にあり。

簡易的な飼育テストをした結果。

大雨でいなくなった、逃げられた。

 

このアクアポニックス なら。

有機的な水の循環、水耕栽培。

擬似的な自然を、施設栽培で可能なのかも?という期待。

 

アクアポニックスのテストはしたいけど。

ビニールハウスと。

ポンプで水を吸い上げるための電気、が必要なのがネック。

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。