ルバーブの食べ方。ルバーブをマイクロプレインのグレーターですりおろす。

広告



ルバーブをどうやって売るか?を考える。そして試作。

 

3年目のルバーブがある。

あまり知られていない、普及していないこれら。

ルバーブをどうやって売るか?

ルバーブの栽培を始めて3年が経過。やっと本格的な株に育つ。

 

ジョエルロブションのすべて。

 

確かルバーブはフレンチの食材。

こんな本を引っ張り出して調べる。

 

 

この本によると、分類的にルバーブはフルーツ。

 

レシピとしては。

「いちごのスープ、”マラスキーノ”風味」のみ。

ルバーブをメインに使う料理のレシピの記載はない。

 

コンフィチュール、ジャム向きの食材であることと、しょうがと相性がいいということがわかった。

 

created by Rinker
¥13,000 (2020/10/27 02:16:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

マイクロプレインのグレーターでルバーブをすりおろす。

 

ひと枝切って台所に置いておいたルバーブ。

すごくいい香り。

 

 

確かルバーブの茎は、サラダでも食べられるはず。

葉の部分は、シュウ酸が強く食べられないらしいので、捨てている。

 

茎を、そのまま食べてみた味は、悪くはない。

酸味が強いので、甘みを加える必要はある。

食感的には繊維質。

薄くか細かくした方がいい。

細かくするには、マイクロプレインのグレーター。

 

美味しい組み合わせ見つけた。[マイクロプレインのグレーターを使う]

マイクロプレインのグレーターのレビュー。柚子の皮をおろしてみると!

 

繊維質が強い植物。

皮をむいて1日経ったので水分が抜けて。

すこし、しんなりしたルバーブでさえ。

簡単にこのペーストの状態。

 

 

created by Rinker
Microplane (マイクロプレイン)
¥3,850 (2020/10/26 15:16:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

結果、ルバーブのオススメの食べ方、使い方。

 

すりおろしたルバーブをつまんで食べていたら。

この酸味と香りは絶対にお酒に合う。

焼酎に入れてみると。

 

 

相性抜群!

 

酎ハイなど、お酒の割材として使うのが面白いのでは?

お酒でなくてもジュースにしてもいいかも。

 

そしてルバーブを。

まずは、生で食べても大丈夫なの?いいのか?

再度、ハーブの本で調べてみる。

 

そして次は、すりおろしたものを、漬けだれ。

肉の下味に使ってみようと思う。

 

りんごと相性のいい豚肉は。

それに似た風味のルバーブが合うはず。

広告