行者ニンニクの栽培。

広告



行者ニンニク育てています。

 

苗を植えたのは、昨年末。

この地域でうまく育つかは、植えてみなくてはわからない。

できたら面白いのではないか?

 

過去の記事、行者ニンニクの栽培やってみます。

 

行者ニンニクはアイヌネギ。

 

おそらくは、もともと北海道の山菜、野草。

この植物は、寒さに強いとしても。

雪はほとんど降らない、土が凍っているこの土地。

冬季の土中の温度は、降雪地域の方が高いのでは?

雪で保温されるという理由。

 

苗の入手先は、降雪地域の長野県。

雪が降らない地域の栽培。

ここの畑の寒さに耐えられるのか?は未知数。

「温度を下げすぎないように何か、被覆などの対策が必要かもしれない」という話。

 

ほんの少し、数本が芽を出していた1月末の状態。

 

 

枯れていない。

寒さでの全滅は、間逃れた。

 

だいぶ暖かくなった現在。行者ニンニクの姿。

 

3月初旬の今。

 

 

早いところでは、3センチくらいの長さ。

とりあえずは、被覆資材も使わなくても。

「寒さで枯れるということはない」ことはわかった。

 

味は、ニンニクのような。

 

出てきた芽を少しちぎって、味見をしたところ。

新芽だからか?

葉は柔らかく、確かに味は、ニンニク。

 

宿根草のこの作物。

まずは、越冬できたということで。

第一関門は突破。

 

収穫できるまで育つのか?が第二関門。

 

そして、継続して毎年収穫ができるようになるのか?

収穫方法もこれからのテスト。

 

行者ニンニクの販売メリットは、名前のブランド。

 

なんとなく健康に良さそうなイメージの行者ニンニク。

商品としてキャッチー。

 

同じ作物でも、普段目にするものと違う部位。

例えば、ニンニクの葉。

 

 

「これって食べられるの?」

これでは売りにくい。

 

それに比べて。

「行者ニンニク」という周知されている名前。

ブランドは、売りやすい気がする。

広告