フェヌグリークの種が届いたのでまいてみた。

広告



注文していたフェヌグリークの種が届きました。

 

 

播種、栽培する種というより。

炒って食用、スプラウトとして使う商品。

次のスーパーフード、候補だそうです。

 

 

香りは。

なるほどカレー。

カレーの辛さ、刺激ではなくスパイス。

黄色っぽい香り。

 

フェヌグリークは豆科の植物。

 

豆科とはいえ日本の豆。

大豆とかあずきよりも全然小さく、豆には見えない。

 

 

お米一粒が丸くなったくらいかな。

 

サイズと見た目の色は、細かい鹿沼土とそっくり。

 

 

この鹿沼土にも、まきました。

どこにまいたかわからないくらい。

 

今回は、発芽のテスト。

 

鹿沼土と、自家製の発芽用の用土に種をまいて。

育苗をしてから畑に植える。

 

畑に直接まくのは、発芽の様子、状況をみてからにする。

現時点での直播は、育つ確度が低い。

そして豆科は移植に強いと予想。

 

草丈が30センチくらいの小さい植物だそうです。

種、スパイスとして商品にするには。

収穫、栽培に手間がかかりそうな低い位置。

 

まずは発芽することを待つ、祈って。

いろいろ考えるのはこのあと。

広告