「みのる産業株式会社」の「ハンドプランター」。「なかよしくん」。

広告



「2024年シーズン」は野菜苗の「定植作業を効率化」する。

「ハンドプランターHPS-3」。「なかよしくん」を導入します。

タネをまいて苗を育てる「育苗」。

その育苗「育った苗」を。

「畑に植える作業」が「定植」といわれる仕事。

「しゃがんだ状態」で。

苗を植える穴、土を軽く掘って。

苗を植えて土をかぶせる。

横移動して、同じ作業を繰り返す。

「苗を植えるだけの仕事、作業」が相当な「重労働」で「時間がかかる」。

「楽しい農業」や「筋トレ」どころではないやりたくない作業。

どうにか「苗の定植作業を効率化」。

「ラクをする方法」を考えていたところ。

「みのる産業のなかよしくん」。

乗用の定植機。

「専用の農業機械」もあるけど。

そこまでの投資はできない。

だから。

「初期投資も抑えられる」上に「ランニングコスト」もかからない。

燃料が必要ない「アナログな道具」。

ハンドプランターの「なかよしくん」を導入します。

「仕組み、構造はシンプル」なので。

似たようなものを自作できないか?とも考えていたけど。

市販の製品。

「ハンドプランターHSP-3」を買いました。

条件の整っている「根が回ったプラグ苗」。

「土がやわらかい状態」。

「土が乾いていない」と使えないなど「制約がある」ので。

すべての苗、作物に対しての定植には「万能ではない」。

「技術が必要」だとしても。

「半減どころでない労力」で。

「いままで以上の株数の苗」を畑に植えることはできるはずです。

created by Rinker
みのる産業
¥15,700 (2024/06/16 23:54:46時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。