車のフロントガラス「視界の悪さ」。「ギラギラ感」を改善する。

広告



効果抜群。「油膜、皮膜落とし剤」で「雨の日のギラギラ感」をなくす。

キイロビンのガラスクリーナー「クイックマジックゴールド」。

以前施工した「別メーカー」の「クルマの油膜落とし」。

そして同時に「撥水剤」。

「使い方を間違えていた」のかもしれない。

「キレイにしたつもりだった」のに。

クルマのフロントガラスが見にくい。

対向車のライトがまぶしい。

「コンタクトレンズのせい」か?とも思っていた。

クルマの運転。

視界が悪いと疲れるだけでなく。

安全性の問題。

安心して運転するため。

油膜、皮膜取り剤として。

今回は「クイックマジックゴールド」をテスト。

購入、使った「キイロビン」は。

フロントガラスの砂、土の汚れを落とした状態で。

「水分を拭き取る前」に使えて。

乗用車のフロントガラス4枚分の容量。

作業も楽だという説明の「クイックマジックゴールド」。

もともと。

「キイロビン」のシリーズは。

「クルマのフロントガラスの油膜、皮膜落とし」に。

評判、レビューがいい「プロスタッフの製品」。

地味だけど。

昔からある「キイロビン」や。

created by Rinker
プロスタッフ(Prostaff)
¥481 (2024/04/12 20:09:43時点 Amazon調べ-詳細)

「油膜、皮膜落としの目的」としては。

「一番効果がありそう」な「キイロビンゴールド」。

これらの商品と比べると「割高」。

とはいえ「作業効率」が「1/3とか1/2」だということなので。

「クイックマジックゴールド」を購入。

ガラスに限らず。

クルマ自体や塗装面の劣化を防ぐため。

本来はやるべき「洗車」。

「洗車は必要」なのだけど。

「頻繁に洗わない、洗うことができない」。

そんな「ズボラ、面倒くさがり」。

「状況的に難しい人」でも「視界の確保」ちょうどいいアイテム。

水洗いをしたフロントガラスを磨くと。

「キュッキュッと音がする」のは。

効果がある、下地が落ちている証拠なのか。

作業の途中。

フロントガラスの半分程度で比較、違いをみると。

ガラスに「親水性のあり、なし」が「違いがはっきりわかる」。

「磨いた効果」はありそう。

個人的にはグリップが小さくて、握りにくい。

作業は予想よりは疲れる。

持ちにくい感覚はあった。

とはいえ「簡単」で「時間もそんなにかからない」。

作業が完了しても「視覚的な効果は半信半疑」。

でも、実際に夜道、車を運転してみると。

対向車のライトを見ても大丈夫。

普段とは違い「まぶしさ、ギラギラ感が減少」。

「油膜、皮膜落とし剤」を使って正解でした。

クルマの運転。

「安全対策」に必須アイテム。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。